チュートリアル

というわけでPC紹介と、チュートリアル本編
キャンペーンみたいにして数回やれたらいいな、と思ってます
ちなみに、明正・・・ブルーヘクサのくせにその他特徴が男らしすぎるw
あと、いろいろ計算ミスが今回はあります、もろもろ修正すると1から書き直したほうが早そうなレベルなので今回はスルーして乗っけてますが、実はいくつかは手直ししてたりも


【明正/彰】
「不動明正だ、ブルーヘクサだが、あまり女性的な印象はない、そういうこともあって失敗作として廃棄されたが、運よく生き延びた俺は軍に拾われ、そこで士魂号に乗ることになった、紫苑とはそのころからのパートナーだ」
【紫苑/忍】
「ご紹介を受けた、月影紫苑よ、傷だらけで私のいた隊に転がり込んできたのが明正だったのよ、士魂号パイロットの適性があった彼と組むことになって、今では公私ともにパートナー、かな?」
【総司/宗一】
「南雲総司だ、以前の隊から引き続き、戦車の整備なんかをメインにやってるが、必要ならウォードレスを着て戦闘もできるぞ」
【凛/莉都】
「神崎凛だ、唯一、5126に最初から所属しているな、指揮官として後方からの支援に徹するのが私の得意とするところだ、よろしく頼む」
【詩織/詩乃】
「秋月詩織よ、基本的には前に出ずに、同調で送られた座標に狙撃するのが仕事ね、普段は隊の事務官も担当するわ」
【恵/恵】
「日向恵だ、士魂号単座で敵陣に切り込む、隊の最大火力担当ってところだな」
【SD/櫂】
「自己紹介は以上でいいか?セッションを開始する前にセットアップを行う」
【SSD/三和】
「追加ルールも使っていくぜ、開発技能フェイズ、買い物フェイズ、携行選択フェイズ、指揮官決定、事務チェック、整備チェックの順で行うぞ」
【彰】
「携行選択フェイズがあるのは助かるな…いくら事務、整備持ちが多くてもこの人数で全部持っていくとあれだからな」
【SD/櫂】
「では開発技能チェック…二人が所持し、合計で18だ、01までの装備なら購入可能とする」
【SSD/三和】
「で、買い物フェイズだな…と言ってもお前らの場合はキャラシ作成時点で買い物は済ませてるよな?」
【莉都】
「そうだな…」
【SD/櫂】
「では、携行選択フェイズだ、各自、自分の持っていくものを宣言しろ」
【彰】
「俺は士魂号突撃型、90mQF、攻撃型電子妖精、ネットワーク・プログラム、あとは共通の官給品だな」
【忍】
「私はジャイアントアサルト、共通官給品だけね」
【宗一】
「俺は99式機関銃、アデレイトアサルト、共通官給品だ」
【詩乃】
「私は92式自動砲、共通官給品ね」
【莉都】
「私は指揮車と共通官給品だけだな、戦場には出るが直接戦闘には参加しない」
【恵】
「俺は士魂号単座標準装甲型、超高度小剣二本、共通官給品だな」
【SSD/三和】
「明正以外はそこまで多くないな」
【彰】
「俺は初期官給品が取っておいても意味がないものが多いからな、攻撃型電子妖精などさっさと使ってしまった方が効率的だろう」
【SD/櫂】
「では、事務チェックだな、部隊員6名、車両一両、人型戦車二体で3100だ」
【忍】
「私と詩織、凛で合計6900だから楽勝ね」
【SSD/三和】
「二倍以上か…二人事務技能取った時点でわかってたけどな」
【彰】
「問題は次の整備チェックだ、人型戦車二体、車両一両の時点で3500に届く、さらに戦闘中なので難易度は倍になるだろう?」
【SD/櫂】
「合流の状況はたしかにそうなるが、いきなり難易度を上げすぎてもあれだからな、今回は通常の難易度で構わん、なので全員の持っている武器防具を合計しても4800だ、整備の技能数も事務と同じになっているからな、2000以上余裕をもってクリアとなる」
【宗一】
「まあ、いざとなったら俺が全力整備を使ってたさ、士魂さえ動けばなんとかなるだろ」
【彰】
「まあな、あとは携行選択フェイズがなければ、車両数も考えると結構ギリだったがな」
【SSD/三和】
「まあ、だからこその携行選択フェイズの追加なんだけどな」
【莉都】
「温情、感謝する」
【SD/櫂】
「では、完全補給状態であり、完全整備状態とする、各自武装一つに対し予備弾薬を一つずつ支給する、この予備弾薬はセッション終了時に失われるからな」
【彰】
「感覚としては、原隊が壊滅した際に周囲の奴らの残骸から使える弾薬を巻き上げておいたってことになるのかね…」
【SSD/三和】
「まあ、そうなるんじゃね?」
【SD/櫂】
「準備はいいな?我はこれより、M*より始まるゲームの目的を記述する、今回のM*とT*はこれだ」

と言って櫂が提示した紙に記載されていたのは

M*:部隊が合流し、生還する
T*1:戦場で5126小隊に合流する 難易度:10000 制限時間:1ターン
T*2:幻獣を撃退する 難易度:不定 制限時間:なし

【SD/櫂】
「チュートリアルだからな、こんなものだろう」
【彰】
「…最初の判定は合流前だが、ペアリングは可能なのか?」
【SD/櫂】
「可能だ、全員が合流するために必要な技能や要素を提出すればいい、簡単なものだろう?」
【彰】
「ならば問題ないな…ソロで全員それを出せと言われたら中間判定すら不可能だが」
【SD/櫂】
「お前と紫苑はペアリング可能だし、凛はそもそも5126小隊の先任だから判定は不要だろう、他の面子は厳しいが、そこは原隊を一緒にすればフォローも効くだろう」
【SSD/三和】
「まあ、今回は全員が合流するための判定だ、全員ペアリングでいいぜ」
【SD/櫂】
「では、戦場の描写から行くぞ」
【彰】
「ああ」
【SD/櫂】
「幻獣の大攻勢により、複数の小隊が全滅状態となり、今も戦闘が続いている、お前たちの隊もすでに壊滅状態にあり、現在は撤退しながらの戦闘が続いていると言っていいだろう、そんな中で5126小隊が部隊を再編しようとしているという情報が入った、上からの指示ではあるが、混乱状態なので詳しい配置や情報が伝わっておらず、ほとんどが伝聞に近い情報になってしまっている」
【明正/彰】
「ちっ、ここはもう限界か…紫苑!いったんここを放棄して部隊再編中の5126に合流するぞ!」
【紫苑/忍】
「それしかなさそうね…了解、ついでに、そこらへんの武器から弾薬だけもらっていこうか」
【明正/彰】
「そうだな…」
【恵/恵】
「ここももう限界みたいだな…5126か…行ってみるか!」
【詩織/詩乃】
「このまま逃げるのも癪だし…再編中の部隊、合流してみるしかなさそうね…」
【総司/宗一】
「仕方ねえな…行くか!」
【SD/櫂】
「では、ここで判定だな、まず前提変換、何かあるか?」
【彰】
「全員初期官給品の無線は所持しているよな、これで相互に連絡を取り合うことは可能か?」
【SD/櫂】
「無理だな、周波数合わせもできない状態では相互の通信はできない」
【彰】
「そりゃそうか…」
【莉都】
「合流場所の目安はあるのか?」
【SD/櫂】
「無線機で受け取れた情報は大体の位置情報ぐらいだな、どうやってそこに向かい、合流するかが重要だ」
【宗一】
「…これ、前提変換は厳しくないか?」
【SD/櫂】
「とりあえず、技能だけ提出して、あとで追加の前提変換をかけることは認めよう、時間に制限はかけるがな」
【彰】
「俺は人型戦車操縦技能と土壇場に強い2で、士魂号で移動するのは当然だが、視界が広くなるから探しやすくもなるだろう、そして今、この状況はまさに土壇場と言っていいのではないか?」
【SD/櫂】
「ふむ…ではそれらの成功要素は通そう」
【忍】
「じゃあ、私は…無線技能で通信を呼びかけ続けて、相手の周波数を探すのは?」
【SD/櫂】
「半分通そう、偶然拾えたとしても時間はかかるな」
【彰】
「これで4650か…」
【宗一】
「技能が四つ通れば達成だからな…俺は野外技能でどうだ?こういった状況下での探し物は野外技能を使えると思うが」
【SD/櫂】
「半分通そう」
【彰】
「これで6000、中間判定は超えたが、どうせなら完全成功に持ち込みたいな」
【莉都】
「話術、美声、土壇場で強いを出そう、自分の周辺状況を常に無線で流す、美声だからふとした拍子に耳に止まりやすくなるんじゃないか?」
【SD/櫂】
「技能は半分、あとは両方通す」
【彰】
「7950か」
【詩乃】
「地形把握は?事前にこの戦場の地形を把握しておけば、その際にある程度部隊の配置も見てるんじゃない?」
【SD/櫂】
「半分だな、この混戦で事前の配置と今の位置では多少のずれは生じるだろうしな」
【恵】
「じゃあ、俺の人型戦車操縦だ、こっちは通るよな?」
【SD/櫂】
「ああ、認めよう」
【彰】
「じゃあ、それで完全成功に持って行けるな…ちなみに、詩織の場合は人型戦車を見つけて試しに同調をかけても通るぜ?俺も恵も同調技能持ちだし」
【SD/櫂】
「…確かにその手はあるが、正直大差ないぞ」
【紫苑/忍】
「…見つけた!この戦場でよく通る声ねえ…明正君、指示する方に行ってちょうだい!」
【明正/彰】
「了解だ!」
【詩織/詩乃】
「あの士魂号…もしかして合流するのかしら」
【恵/恵】
「あの士魂号も同じ方向に向かってるな…もしかして…」
【総司/宗一】
「どうやら、あっちみたいだな」
【凛/莉都】
「士魂号二体か…」
【SD/櫂】
「では、合流には成功したとしていい、ここからは通信の周波数合わせも済んだとしていい」
【明正/彰】
「では…不動明正戦士、月影忍戦士、士魂号複座突撃機とともに現時点をもって5126小隊に合流します」
【恵/恵】
「日向恵、士魂号単座型、5126小隊に合流するぜ」
【総司/宗一】
「南雲総司戦士、5126小隊に合流します」
【詩織/詩乃】
「秋月詩織戦士、5126小隊に合流します」
【凛/莉都】
「5126小隊指揮官、神崎凛、五人の合流を歓迎する、では早速だが…この周辺の幻獣を撃退するぞ」
【明正/彰】
「まあ、奴らをどうにかしなきゃ撤退もできんか」
【凛/莉都】
「そういうことだ…幸い、士魂号が二体来たことだしな、中型が相手でも多少は通用するだけの戦力にはなった」
【紫苑/忍】
「周囲の敵戦力の2割を倒せれば、向こうは撤退を開始するはず」
【凛/莉都】
「そうなれば我々だけでなく、現在撤退中の友軍の支援にもなる、いいな?」
【明正/彰】
「了解だ!」
【SD/櫂】
「では、このまま戦闘に移行する、マップを出すぞ」
【彰】
「俺たちの配置はここか…」
【SD/櫂】
「見えている幻獣は6集団、お前たちの近くにはゴブリンリーダー1集団と、ゴブリンが2集団だ、あとは…後方にいる3集団のうち、両脇はナーガだ、最後尾にいる1集団は士魂号でも判別はできない」
【彰】
「これで一番奥がスキュラとかだった怒るぞ」
【SD/櫂】
「安心しろ、まずは指揮チェックだ、こちらはゴブリンリーダーだから2000だな」
【莉都】
「私が指揮官なので、技能で2700、指揮車に乗っているのでさらに追加されるな」
【SD/櫂】
「完全成功だな、先攻か後攻か、そっちで決められるぞ」
【莉都】
「この距離なら、先にゴブリンをたたいておきたいな」
【彰】
「俺がゴブリン片方、恵がゴブリンリーダーをそれぞれ撃破すれば、もう片方をそっちで落とせないか?」
【詩乃】
「やってみるわ」
【宗一】
「まあ、どのみち先攻じゃないとゴブリンに攻撃されかねない位置ではあるからな」
【莉都】
「こちらが先攻だ」
【SD/櫂】
「では、行動順だが、明正/紫苑ペア、恵、詩織、総司、凛だな」
【彰】
「伏兵が怖いが、この布陣だと伏兵を置ける場所はなさそうだしな…まずは事前行動、ステップで300m移動し、右側のゴブリン集団に接近する、主行動で攻撃だ」
【SD/櫂】
「では判定だな、まずはゴブリン10体なので、難易度は10000だ」
【彰】
「士魂号の攻撃修正だけで足りるが、武器使用しないと攻撃できないんでジャイアントアサルトを使用、俺の戦車技能操縦も提出、さらに俺と紫苑のウォードレスの修正も加わるな、あと一般絶技で移動射撃だ」
【SSD/三和】
「合計して…19800だな、ゴブリンリーダーなら落とせないが、ゴブリンなら一撃だ」
【明正/彰】
「こちらは目標を撃破、恵、中央の奴は任せたぜ!」
【恵/恵】
「了解だ!ステップで200m移動し、主行動で移動攻撃し、ゴブリンリーダーをたたき切る!」
【SD/櫂】
「こちらも超高度小剣の火力だけで十分すぎるな、二刀流してきたか」
【彰】
「近接装備なら二刀流しといたほうが無難だろ?銃との使い分けをしようとすると一般絶技で悩むしな」
【SSD/三和】
「まあな、特に初心者の恵は解りやすいほうがいいってことか」
【彰】
「当然だろう、俺の場合は最大で三つまで同時使用できるが、そこまで一気に使う機会があるかどうかは解らんがな」
【SSD/三和】
「そういうこった、で次は詩織の行動だな」
【彰】
「これでまだ撤退しないってことは…奥の奴はキメラか…」
【SD/櫂】
「メタ読みで判断されても困るがな、どちらにせよお前はもう行動済みだ」
【詩乃】
「落とさないといろいろやばいわよね…私はゴブリンに攻撃されると危ないし…」
【彰】
「何とか中間判定に持ち込めば撤退はさせられるはずだ、詩織ならできる!」
【詩乃】
「やってみるわ…事前行動で狙いをつける、主行動で左側のゴブリン集団に攻撃、技能は狙撃を提出、これで5200ね」
【彰】
「よし!これで中間判定は超えたな」
【SD/櫂】
「そうだな…合計値35000、幻獣は撤退を開始する」
【彰】
「やはり…キメラとナーガの混成?」
【SSD/三和】
「そういうことだ、本当は両脇もキメラにしようかと思ったんだけどな、キメラ三隊でこの布陣だと、次の敵ターンで士魂が落ちるからな」
【彰】
「脇の二隊からは遮蔽を取れないからな…」
【宗一】
「初めから、俺と凛は戦闘に参加しないのは織り込み済みか」
【SD/櫂】
「ああ、ちなみに、当初はキメラとナーガの代わりにミノタウロスを置く予定だったが…」
【彰】
「待てい!ミノタウロスの指揮は7000だろうが!それに三隊も出されたら詰むわ!」
【SD/櫂】
「指揮車を持ってきているだろう?十分に完全成功できる、それを利用して、阻止線を張れば攻撃は届かない、もしくは最初から全力でミノタウロスをどれか一つでも撃破すれば撤退していた」
【彰】
「…確かに、両脇のミノ助は射程内だが…その場合は複座の全力攻撃が必須条件か…」
【SSD/三和】
「ちなみに、キメラじゃなくてゴルゴーンに、って案も出たが、こっちは俺が却下した、ゴルゴーンだと下手すると詰むからな、で、決まったのがキメラだ」
【彰】
「…でも、これだと正面からは遮蔽取れるよな?」
【SD/櫂】
「回り込んでの攻撃では次のターンになるからな、要は、どっちにせよ手前のゴブリンリーダーの撃破は必須、ゴブリンを1グループ倒せれば確実に生還はできるように調整はしていたわけだ」
【SSD/三和】
「後方にいる奴がなんなのかはぎりぎりまで悩んだけどな、ぶっちゃけ、彰ならメタ読みで看破してきただろうし、よっぽど積むようなのを出さない限りは大丈夫だろうとは思ったけどよ」
【SD/櫂】
「もっとも、メタ読みによる戦略を立てるのは推奨できることではないからな、今回はもう少し簡単に倒せるように調整した、たとえば、ミノタウロスの指揮7000ならば他にもいるからな、そっちと読む可能性は低いとは思うが、そっちは射程が長い分、うかつに前面に出て墓穴を掘らせるのもどうかと思ったしな」
【彰】
「このマップでアンフィスバエナやワイバーン持ってこられたら詰むわ!」
【SSD/三和】
「ほとんど平地、住宅街を挟んで正面に一体、だからなあ…アンフィスバエナの移動力なら移動攻撃で十分レーザーの射程に入るしな」
【彰】
「事前情報も何もなしにあんなの持ってこられたら詰む、煙幕手榴弾ぐらい用意させろ」
【SSD/三和】
「まあ、キメラいるからどっちにせよレーザーなんだけどな、最初のターンから撃ってくるか、次のターンかの差でしかないよな」
【彰】
「いや、大きいってその差!俺の士魂なら次のターンで接近してジャベリン全弾打ち込みつつのジャイアントアサルト、その他修正や諸々ぶっこめば何とか倒せなくもない手合いだしな」
【SD/櫂】
「まあ、なんにせよ、これで二つ目のT*も達成だ、あとは戦闘後を演出して終了だな」
【明正/彰】
「後方の幻獣の撤退開始を確認…指揮官殿、指示を」
【凛/莉都】
「周辺の幻獣が撤退を開始したのを確認し次第、こちらも撤退する」
【紫苑/忍】
「了解…何とか生き残ったわね」
【明正/彰】
「ああ…5126に負傷者は無し、恵の士魂の火力、これからも当てにできそうだな」
【恵/恵】
「光栄だ、そっちこそ、まだ火力を温存してたみたいだしな」
【詩織/詩乃】
「このまま撤退できそうね」
【総司/宗一】
「何とか生き延びたな、指揮官殿」
【凛/莉都】
「ああ、二人とも乗ってくれ、明正、紫苑、恵、我々にも撤退命令が出た、撤収するぞ」
【全員】
「了解!」
【SD/櫂】
「これでチュートリアルは終了だ、我はM*より始まるゲームを終了する」
【彰】
「で、リザルトだな」
【SD/櫂】
「まずは根源力、勝利条件達成してるので全員+500、あとは勝利勲章だな、全員発言力+500だ」
【彰】
「で、俺が攻撃型電子妖精使用する、全員さらに+500な」
【SD/櫂】
「で、チュートリアル従軍賞、これも全員だな発言力+500」
【彰】
「あとは手作り勲章ぐらいか?」
【SD/櫂】
「そうだな、誰が入手するかはお前らで相談して決めろ」
【彰】
「まあ、火力的に恵か、とどめを刺した詩織あたりが無難かね?」
【詩乃】
「それを言うならあんた達もだけどね…」
【莉都】
「というか、今回活躍したと言えば彰だろう、慣れがある分、いろいろと意見を出してくれたしな」
【宗一】
「合流時の判定でも、一番達成値を稼いだのおまえだろ」
【彰】
「…褒めても何も出んが、忍と恵はどう思う?」
【忍】
「それでいいと思うよ」
【恵】
「キャラ作成時にも助かったしな、正直、俺の火力に関してはお前の発案が大半だろうが」
【SSD/三和】
「ま、確定みたいだな」
【彰】
「じゃあ、俺が受け取る」
【SD/櫂】
「では今日はここで一度休憩だ、成長作業を済ませておいてくれ」




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七夜彰

Author:七夜彰
構想だけが爆走し続ける気まぐれ小説書きのブログ
小説か日記、QMAネタを不定期に乗っけています
Twitter→nanaya_akira

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在時点での訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる