エンディング

というわけで、魔法少女とダブルクロスエンディングでございます
TRPGネタはこれからもやろうかな?


【GM】
「では、エンディングですが…」
【剣】
「俺は特にやりたいことはないな」
【トウゴ】
「俺は一人でやりたいシーンがある、先に演出してかまわないか?」
【GM】
「わかりました…UGNの皆さんは最後に一括でやりますので、個別でやりたい人は申請してください、では、トウゴのエンディングですが…」
【トウゴ】
「依頼人と話をするシーンがほしい」
【GM】
「わかりました…では、いつものように仕事帰り、依頼人があなたを待っています」
【GM/依頼人】
「お久しぶりですね、この前はご苦労様でした」
【トウゴ】
「お前か…俺のほうこそ、奴の死に立ち会えたことは幸運だった」
【GM/依頼人】
「ああ…彼がそうなのでしたね」
【トウゴ】
「ふん、まあいい、それで依頼か?お前からの依頼は実に俺好みだ、優先してもってこい、確実に処理してやろう」
【GM/依頼人】
「わかりました…では、今回の依頼ですが…」
【トウゴ】
「ここでこの依頼人をSロイスに指定する、最後になったがかまわんな?」
【GM】
「…いいでしょう、皆さんもSロイスは取得してませんね」
【剣】
「…EDの演出でとる、誰にとるかは大体決めたからな」
【GM】
「わかりました、では、UGNの皆さんのEDですが…」
【剣】
「俺も登場したい」
【GM】
「わかりました、では、霧谷に報告をしているところから始めましょう」
【GM/霧谷】
「確かに、報復者の消滅を確認しました…剣さんも、ご苦労様です」
【剣】
「いや、この町に生きるオーヴァードとして、当然のことをしただけだ」
【GM/霧谷】
「では、報酬はいつものように振り込んでおきますので…」
【剣】
「ああ、真里香、今後も何かやばそうだったら連絡をくれ、お前たちからの依頼は最優先で受けよう…で、ほのかをSロイス、彼女には助けられてばかりだったからな」
【ほのか】
「そう…私は…真里香にSロイスをとるわ、支部長として、少しは信頼できるようになってきたから」
【真里香】
「ありがとう…私は剣にSロイスをとるわ、事情は納得したから、無理には誘わない、だけど、これからも協力は依頼していくつもりよ」
【真琴】
「私はさくらちゃんに、これからもよろしくね、って」
【さくら】
「んじゃ、私は真琴に、やっぱり一緒にいると助かるな~っていうことで」
【キズナ】
「あたしは…剣に、PC間だけじゃなく、止めを刺したときの火力も含めて、こういう奴がイリーガルにいるなら頼れるな、って思ってる」
【GM】
「了解しました…」
【剣】
「じゃあ、俺はこれで、また何かあればいつでも言ってくれ」
【真里香】
「ええ、ありがとう、剣さん」
【剣】
「シーンから退場する」
【GM】
「では、UGNの面々が剣を見送ったところでシーンを終わりましょう、ほかにやりたいことがある人はいますか?」
【彰】
「ヴァンガードファイトがしたい」
【シン】
「そっちですか…じゃあ、セッションはここで終わりにして、向こうのテーブルでやりましょう」
【まどか】
「あ、あの、見てても、いいですか?」
【マミ】
「私も、興味あるわね」
【彰」
「好きにしろ…じゃ、俺の相手は三和ってことで…櫂には勝てる気しないんでね」
【三和】
「俺なら勝てるってか?」
【彰】
「さて、それを今から試すんじゃないか…行くぞ」
【三和】
「ああ、いいぜ」
【二人】
「スタンドアップ」
【彰】
「THE」
【二人】
「ヴァンガード!」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七夜彰

Author:七夜彰
構想だけが爆走し続ける気まぐれ小説書きのブログ
小説か日記、QMAネタを不定期に乗っけています
Twitter→nanaya_akira

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在時点での訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる