ARAミドル情報収集

情報収集から乗り込むまで、今回は短いです

【GM】
「はい、では再びミドルフェイズ、情報収集です、感知に成功したので知力か幸運で振れます、また、難易度が減っています」
【アルフ】
「幸運で12とか言われたらさすがに厳しいからな」
【トリスタン】
「それより、GM、町に戻ってきたのならば回復してもかまわないか?」
【GM】
「そうですね…では、私が2D6振った分皆さんHPとMPを回復してください、HPは7点、MPは11ですね…また、情報収集に参加しないのであればその分アイテムで回復してもいいですよ」
【アルフ】
「…思った以上に前の戦闘で消耗してるからな、それに俺は知力も幸運も低い、参加せずに野菜を食っていよう、これで3点回復、さっきの戦闘で18消耗してるから28まで回復だ」
【トリスタン】
「俺も参加しない、野菜を食う29になった」
【アルフ】
「…GM、先に誰かが成功すれば他のメンバーは参加しなくていいか?」
【GM】
「…いいですよ、ミネルヴァのMPを回復したいんですね」
【アルフ】
「ああ、後カールもだな、ストリートワイズがあるが消耗は残しておきたくない、エミリーが先に判定してくれ、」
【アスラン】
「僕とエミリーはさっきの分で全回復してるからね」
【エミリー】
「うん、あ、クリティカル!」
【GM】
「何ですって!?」
【アルフ】
「…すごいわ、この子」
【カール】
「後は回復に使えるな…でもMPポーションは一つしか持ってないし…」
【アルフ】
「俺はGに余裕があるな、野菜を2つ買ってもいいか?」
【GM】
「…許可しましょう、クリティカルが出たので行動に余裕が出たということで」
【カール】
「なんで野菜なんだよ…まあいい、6回復して全快だ!」
【アルフ】
「確実に全快できるし、こっちのほうが安いんだよ」
【ミネルヴァ】
「MPポーションを使うよ、7回復してちょうど全快だ」
【アスラン】
「僕はやることがないです」
【GM】
「え~…では、情報ですが、以前グランフェルデンに妖魔をコントロールして飼いならすための研究をしていた学者がいたことがわかりました、また、ここ最近強力な魔物はすべて分類:妖魔の魔物だけだという情報も手に入ります」
【アルフ】
「どう考えても犯人はその学者だな」
【ミネルヴァ】
「じゃあ、そいつの研究所はどこに?」
【GM】
「グランフェルデン郊外の森の中にありますね、この前戦闘になった場所のすぐ近くです」
【トリスタン】
「確定だな、乗り込むぞ」
【アルフ】
「OK」
【GM】
「はい、では君達は研究所の近くまでやってきた、だが、眼前にはゴブリンの群れがいる、今回は先に言ってしまいますがすべてモブで、右に2グループ左に3グループです」
【アルフ】
「…回復させたと思ったらすぐに消耗を強いてくるか」
【GM】
「もともとここでは戦闘予定ですよ、ただし、感知で判定して戦闘を避けることは出来るかもしれません、ドロップ品は手に入りませんし、経験点は3点になりますが」
【アルフ】
「このまま戦えば消耗も大きい…俺は抜け道を探すべきだと思う」
【トリスタン】
「ここでの消耗は厳しい、回避するべきだと判断する」
【アルフ】
「では、俺が振るぞ」
【GM】
「全員が失敗すると戦闘です」
【アルフ】
「達成値は14だ」
【GM】
「それならば発見できましたね、戦闘を回避したので経験点が減り、ドロップも消えましたが、一切消耗しない状態で館の裏門にたどり着きました、見た目は小さい研究所なのですが、地下にメインとなる部分があり、裏口はそのまま地下への入り口です、ちなみに戦闘していても地下へは裏口からしかいけないことを知っているので裏口へ回ることになってました」
【アルフ】
「情報判定にクリティカルしてるからな、エミリーが」
【エミリー】
「えへへ」
【GM】
「あのクリティカルが大きいですね…」
【アルフ】
「裏口はどんな感じなんだ?」
【GM】
「入り口は木製の扉です、中に入れば地下へ直通となっている階段がありますね」
【アルフ】
「扉をトラップ探知する、達成値は17だ」
【GM】
「鍵Aとエクスプロージョンが設置されています、開けようとした瞬間爆発しましたね」
【アルフ】
「…探知に失敗して開錠しようとした瞬間諸共吹き飛ばすつもりだったのか!?わかりやすい宣言してくれたおかげで見つかったが…トラップ解除する17だ、4D振って13か…」
【アスラン】
「僕も振ってみていいですか?」
【GM】
「ええ、どうぞ」
【アルフ】
「ああ、お前もリムーブトラップがあったな」
【トリスタン】
「しかも器用はお前より高い」
【アスラン】
「行きます!僕も17でした」
【GM】
「どちらにせよトラップは解除されました、本当は別々に判定するんですが、鍵Aはアスランが解除したということで」
【アルフ】
「アスランが振ってみたいといったおかげで俺が少し楽を出来たな」
【アスラン】
「よかった…」
【GM】
「では、皆さんは研究所の中へと進んでいくことが出来ました、さて、さっきので終わりにしてもよかったんですが、せっかくトラップに成功してもこのままでは経験点になりませんからね…もう一箇所、地下へ続く階段への扉です、トラップがありますよ、難易度は秘密ですが」
【アルフ】
「…探知する!16だ」
【GM】
「発見できましたね、毒ガスです」
【アルフ】
「解除する22だ」
【GM】
「はい、解除成功です、後はこのまま地下に降りていくだけですね」
【アルフ】
「さすがショートシナリオ、ここからダンジョン探索にならないのか」
【GM】
「ええ、それでもよかったんですが、今回はとにかく短いシナリオを、と思って作ったので」
【アルフ】
「いや、助かるよ」
【トリスタン】
「もう少し戦闘があってもいいが、いちいち回復するのもきついからな…」
【GM】
「では、ここで休憩を挟んでクライマックスフェイズをはじめましょう!」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七夜彰

Author:七夜彰
構想だけが爆走し続ける気まぐれ小説書きのブログ
小説か日記、QMAネタを不定期に乗っけています
Twitter→nanaya_akira

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在時点での訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる