ARAミドル戦闘

一体だけスキル持ちのエネミーにしました、インタラプトを使わせるためだけに
クライマックスの戦闘まで終了、後はエンディングと経験点配布で終了か…
しかしこれ本当に面白いので終了後少ししたらまた同じネタをやるかもしれません
いい感じにスランプ緩和になってくれてるのも大きいですね
今回のはかなりプレイヤー側のリソースが残ったので(特にエミ)今度はもう少し調整しよう…
今回ので少しは感覚がつかめたので次やる予定のDXのではもう少しレベルが上がっているかと


【GM】
「それでは、ミドルフェイズをはじめますよ、君達は最近強力なエネミーの発見情報の多い場所へと足を運んでいた、君達の狙い通り、それはどうやらその一帯を縄張りとしているのだろう、では、ここで判定をしてもらいます、誰か一人でも判定に成功すれば戦闘前にエネミー識別などが出来ますよ、感知で判定をお願いします」
【アルフ】
「じゃあ俺から…出目が振るわんな達成値は10だ」
【トリスタン】
「行くぞ、11だ」
【アスラン】
「行きます!10ですね」
【ミネルヴァ】
「行くよ…全然駄目、8」
【カール】
「感知はもともと高くないけど…ファンブル!?」
【エミリー】
「行くよ…11です」
【GM】
「難易度は9でしたので、相手を観察できます、エネミーはこうですね」

三つのエンゲージに分かれており、PCたちとの距離はすべて5m
中央のみ1グループで両脇は2グループ

【アルフ】
「…エネミーはすべて同じか?」
【GM】
「ほとんど同じに見えますね」
【アルフ】
「中央だけ1グループなのが気になる、感知で差があるかどうか判定していいか?」
【GM】
「どうぞ」
【アルフ】
「今度は出目がいい、14だ」
【GM】
「それならばわかりますね、中央のグループのみ他のエネミーよりも強力に感じます」
【アルフ】
「よし、ミネルヴァ、あの両脇のエネミーを識別してくれ」
【ミネルヴァ】
「?中央じゃなくて?」
【アルフ】
「ああ、頼む」
【ミネルヴァ】
「了解…21」
【GM】
「…通常のゴブリンですレベル1のモブですね」
【トリスタン】
「俺の出番だが…向こうのほうが行動値が上だな…」
【アスラン】
「…僕とトリスタンで相手のどちらかのエンゲージに入ればいいんじゃないかな?」
【アルフ】
「それでいいだろう」
【GM】
「では、戦闘の処理に入りますね、まずはセットアッププロセス」
【ミネルヴァ】
「残りの中央のグループを識別するよ…24」
【GM】
「では、これですね」
【アルフ】
「データが全体的に底上げされてるが…所詮はゴブリンといったところか?」
【GM】
「実際モブのゴブリンを少しいじっただけですからね…」
【SM】
「ま、そこは気にしてやるな、こいつらはモブじゃない、以上」
【トリスタン】
「陣形を使用する!俺とアスランは右側のエンゲージに突入する!」
【アルフ】
「こっちは何もない、というわけで俺からだが、当然待機する」
【ミネルヴァ】
「中央の連中にウォータースピア!達成値は駄目、13」
【GM】
「それならば…こっちも低いですね、9です」
【ミネルヴァ】
「行くよ!22!」
【GM】
「5点引いて17受けました、まだ半分は受けてませんよ」
【アルフ】
「!今のにディスコードを乗せるべきだったか!」
【カール】
「まだ俺がいます!ムーブアクションでエンゲージしてスマッシュ+バッシュで殴る!また13!?」
【GM】
「今度こそ…12…1足りませんでしたね」
【アルフ】
「ディスコード!」
【カール】
「まずは俺の分…18しか出ない」
【アルフ】
「俺が6だ」
【GM】
「17点です、まだ生きてますが、虫の息ですね」
【アルフ】
「こちらの出番は終了」
【GM】
「では、中央のゴブリンから!対象はカール、命中は14です」
【カール】
「よし来い!回避は1しかないぜ!ておしい!12だ」
【彰】
「くっ、もう少しでクリティカルだったものを…」
【GM】
「ダメージ行きますよ!20です!」
【エミ】
「私がプロテクションするね、ごめん3だった…」
【カール】
「大丈夫ですよ!俺物理防御9ありますから、8点しか受けない」
【GM】
「次は右側のエンゲージ、まずは一匹目、トリスタンを狙います!」
【トリスタン】
「俺か…」
【GM】
「達成値は12です」
【トリスタン】
「10だ、届かんな」
【アスラン】
「カバーリングします!」
【GM】
「ダメージは…出目がいいですね、18です」
【アスラン】
「プロテクションだけでいいかな?」
【アルフ】
「とりあえずそれはプロテクションだけで、次は考えよう」
【アスラン】
「わかりました!プロテクション!やった!6だ!」
【GM】
「アスランの防御は8ですね…4しか通りませんでした、次の攻撃、同じくトリスタンを10ですね」
【トリスタン】
「それならばいけるか…12だ、何とかかわした」
【GM】
「…左のエンゲージはすべて中央に突入、カールを攻撃します」
【彰】
「!こっちを攻めてきたか!」
【GM】
「一発目…7です…出目が悪いですね」
【カール】
「それならかわせるか…?ダイス目だけでよけた、12だ」
【GM】
「次です!また7!?」
【カール】
「ファンブル!」
【アルフ】
「げぇっ!?」
【GM】
「ダメージ行きますよ!14です」
【エミリー】
「プロテクション!5だよ!」
【アルフ】
「ということは…ジャスト14」
【カール】
「エミさん…!」
【GM】
「防ぎきられちゃいましたね…」
【トリスタン】
「俺だ…このエンゲージにトルネードブラストを使う!」
【GM】
「はい、右側は全滅しました」
【アルフ】
「とはいえ、これでトルネードブラストは打ち止めだ、アスランは…ボスを殴ってみてくれ」
【アスラン】
「わかりました!中央のエンゲージに移動して…どうしよう、スマッシュ使いますか?」
【アルフ】
「いや、その必要はない、もし低ければジョイフルジョイフルでもう一回殴らせる」
【アスラン】
「じゃあ、普通に攻撃します!ちょっと低い?12です」
【GM】
「回避は…12、同値ですから回避です!」
【アスラン】
「そんな…!?」
【エミリー】
「私だけど…誰かヒールはいる?」
【カール】
「俺はまだ大丈夫ですけど…」
【アスラン】
「僕も大丈夫かな」
【エミリー】
「じゃあ、行動を放棄します」
【彰】
「そして俺だ、命中の高いカールにジョイフルジョイフル!」
【カール】
「よし!俺は攻撃力がちょっと不安なんでバッシュを使う!」
【アルフ】
「…MPは大丈夫か?」
【カール】
「この程度ならまだ!命中は…16!」
【GM】
「8です、ダメージください」
【カール】
「これで決めるぜ…12!?」
【GM】
「それだと一点足りませんね」
【彰、櫂、三和】
「出たな、妖怪イチタリナイ」
【アルフ】
「よし、次のラウンドだ、セットアップはないな?」
【トリスタン】
「ああ、陣形を使うまでもない」
【アルフ】
「…ここは攻撃に参加してボスを落とす!ムーブアクションで中央のエンゲージに移動、マイナーはなし、ワイドアタック!命中は13だ!」
【GM】
「まずボスゴブリンですが12、あとは11、13でモブが片方回避しました、ダメージを」
【アルフ】
「いい目が出てくれよ…14だ!」
【GM】
「ボスのゴブリンが落ちました、ダメージを受けたほうは…9ダメージですね」
【ミネルヴァ】
「元気なほうを狙う…13だ」
【GM】
「回避は…9でした」
【アルフ】
「ディスコード!」
【ミネルヴァ】
「ダメージ行くよ、18だ」
【アルフ】
「4だ」
【GM】
「19ですね…」
【カール】
「俺は…弱ってるほうを狙う、念のためバッシュを使って…13」
【GM】
「ああ、1足りなかった、ダメージをください」
【カール】
「行くぜ!17!」
【GM】
「12受けて落ちました、最後のゴブリン…アルフを狙います」
【アルフ】
「俺か…」
【GM】
「命中は…11」
【アルフ】
「バタフライダンスで3D振れる11、同値で回避だ、出目がいまいち振るわんな」
【トリスタン】
「だが、とどめは俺だ、ムーブで移動し、マイナーはなし、バッシュで攻撃する、命中は12だ」
【GM】
「回避振ります14、よけました!」
【トリスタン】
「くっ!」
【アスラン】
「今度は僕が!スマッシュを使って攻撃します!11…低いかな…」
【GM】
「回避は12ですね、よけました」
【エミリー】
「何も出来ないんで放棄します」
【アルフ】
「3ラウンドまでもつれ込むとは、だが終わらせる、何もなし、普通に攻撃だ、9」
【GM】
「8であたりました」
【アルフ】
「ダメージは14だ」
【GM】
「9ダメージ…思ったよりもアルフがダメージソースになってますね」
【アルフ】
「命中も攻撃も4しかないんだがな、思ったよりもがんばってる」
【ミネルヴァ】
「終わらせるよ!ウォータースピア!14だ」
【GM】
「失敗です」
【ミネルヴァ】
「ダメージは17だ」
【GM】
「死にましたね…これで戦闘は終了です、では皆さん、感知判定をお願いします」
【アルフ】
「15だ」
【トリスタン】
「7だ」
【ミネルヴァ】
「13だね」
【アスラン】
「6です」
【カール】
「12だ!」
【エミリー】
「6です」
【GM】
「難易度は12でした、三人成功していますね、では君達にはわかります、このゴブリンは人の手によって強化されたということが」
【アルフ】
「なるほどな…」
【GM】
「なので、ここで休憩を挟み、次は情報収集フェイズです」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七夜彰

Author:七夜彰
構想だけが爆走し続ける気まぐれ小説書きのブログ
小説か日記、QMAネタを不定期に乗っけています
Twitter→nanaya_akira

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在時点での訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる