第二十三章

第二十三章です、あとは一章を残すのみ

次回作はすでに書き始めていたりします
まあ、詳細は次回の更新で
             第二十三章

【彰】
「さて…デミウルゴス、頼む」
【デミウルゴス】
「ええ…それぞれの世界への道を開くわ」

神沢学園の屋上、そこが別れの場所として俺たちが選んだ場所だった
眼前の空間が歪んでいるのが解る、これが異世界への門と言うことなのだろう

【デミウルゴス】
「それじゃあ、まずは神沢市への道を開いたわ」
【彰】
「そうか…双七!」
【双七】
「ああ…」
【彰】
「せいぜい、俺と師匠を幻滅させないようにがんばれよ、刀子、トーニャ、見張り任す」
【刀子】
「ええ、承知いたしました」
【トーニャ】
「私に任せておけば双七君も一流の奴隷に…」
【彰】
「こら…ったく、刀子、トーニャの監視も頼むぞ」
【刀子】
「え、ええと…」
【伊緒】
「まあ、トーニャに関しては私が面倒を見ますから」
【愁厳】
「ああ、任せる…彰、刀子にばかり負担を押し付けるな」
【彰】
「…まあ、生徒会長のお仕事に入るんじゃないかと思ったまでだ、補佐は刑二郎がしっかりと勤めるんだろう」
【刑二郎】
「おう!任せておけ!」
【彰】
「まあ、俺からお前らにしてやれることはもうないだろうし、最後にいっぺん双七とかとガチマンやって後腐れなく、ってのも悪くはないが、俺と双七だと一方的なフルボッコになるしな…」

第一、ガチマンでやりあいたい相手がいるのはむしろ残る面子だと言うのは言わぬが花だろう

【彰】
「まあ、そっちに悔いが残るってんなら、多少の猶予はあるだろうし、やりあうのも悪くはないが?」
【双七】
「マジ勘弁してください」
【彰】
「…即答かよ」

ため息ひとつ

【彰】
「まあいい、今一度言っておくが、くれぐれも、俺と師匠を落胆させるなよ」
【双七】
「解ってる、この世界で学んだことは向こうにいっても決して忘れない」
【彰】
「ああ、いい返事だ…じゃあ、ここらでさらばとしようか、ぐだぐだやっても仕方ない」
【愁厳】
「そうだな、俺たちはこちらで生きていく、そちらも向こうでの生を大切にな」

空間のゆがみの中に入るとすぐにその姿は見えなくなった

【彰】
「行っちまったな…」
【愁厳】
「ああ…教えたりないことや言い残したことはないな?」
【彰】
「双七はまだまだ鍛え足りんが、そのために恩義を返すのを諦めろなどとは言えんさ」

後は自分で行けるところまで行くより他にない、俺もあいつも
教える側はこれで終わりだ、ならばあとは…
俺は俺の目指す頂…九鬼耀鋼の背中に追いつくべく努力するのみだ

そして、数日後

【彰】
「凛々子、香奈葉、麻由希、ティアナ…向こうに戻っても元気でな」
【メッツァー】
「もう二度と会うこともないだろうが…この世界でお前たちと共に過ごした数日、決して悪くはなかったぞ」
【凛々子】
「私たちも、あなたと共に闘えたことをよかったと思えてるわ、メッツァー、彰」
【彰】
「ま、お前たちには借りもあるしな…どうせなら返してやりたかったが」
【凛々子】
「遠慮しておくわ、その場合報復混じりになりそうだし」
【メッツァー】
「根に持ってたのか…」
【彰】
「ま、それは冗談にしても、だ、正直、居候が減るのは寂しくなる」
【ココノ】
「スイートナイツは全員でしたからね…」
【香奈葉】
「また、会うことは出来ますか?」
【彰】
「さあな、しかし、会わないほうがいいんだろうよ、どうせまた会う機会があったとして、ろくなもんじゃないだろうし」
【麻由希】
「同感…」
【メッツァー】
「まあ、そちらに何か問題が起きればデミウルゴスが気を利かせるかもしれんしな」
【ティアナ】
「そうなることがないように願いたいものですね…」
【彰】
「それはお前たちの努力しだいということさ、ここでの経験も生かせるだろう」
【凛々子】
「そうね…ここでの経験は忘れないわ」
【メッツァー】
「…ロア世界の魔法技術ならばいずれは世界を超えることすら可能になるかも知れん、いざこざにカタがついたならばそれを探求してみるのもいいんじゃないか?」
【ティアナ】
「そういう手もありましたね…では、ロア世界が安定した後には世界間を移動する技術の構築に力を注ぎましょう」
【彰】
「ま、それがなった時にはぜひうちに来てくれよ」
【ティアナ】
「ええ、では、これで」
【凛々子】
「じゃあね、メッツァー、ココノちゃん、彰」

こうしてスイートナイツも元の世界へと帰還し

【彰】
「行ったな…」
【メッツァー】
「ああ、さて、これからはこちらにただ一人残ったスイートナイツがどうなるのか、見物だな」
【彰】
「そういや、そこらへんの記憶とかはどうなるんだ?」
【デミウルゴス】
「大丈夫よ、全て理解した上で残ると言うことになっているから」
【彰】
「…便利なもんだな」
【メッツァー】
「さて…俺たちは俺たちがなすべきことをするべきだろう、この世界に生きるものとしてな」
【彰】
「…ああ、そうだな…」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七夜彰

Author:七夜彰
構想だけが爆走し続ける気まぐれ小説書きのブログ
小説か日記、QMAネタを不定期に乗っけています
Twitter→nanaya_akira

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在時点での訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる