第十二章

若干、というか、かなり迷走中

とりあえず、新年用の小説をそろそろ執筆開始するので、こちらの更新は来年以降になります
新年用は新年用でまた最近俺がはまってきたゲームとかからキャラが出てくるかと



                 第十二章

【彰】
「さて…八咫鴉のところへ向かうか」

通常空間に復帰した俺たちは、当初の目的であった八咫鴉の元へと向かうことにした

【ジューダス】
「誰なんだい?その八咫鴉というのは」
【彰】
「俺たちの上に立つ存在とでも思っておけばいい、直接の命令権はないに等しいが、それでもこの町の中では軽視していい存在ではない」
【ライル】
「で、どういう奴なんだ?」
【彰】
「ぶっちゃけ、ただのガキにしか思えんが、実力や知力はかなりのものだ、問題は性格だな、普段は外見同様ただのお子様にしか見えないから困る、いや、そもそもほとんど会うことがないのであれば困ることもないか」

しかし、この世界に来てからというものやたらと会う機会が増えたな…

【愁厳】
「偉い人、だが、お子様、大体そんな感じに思っておけばいい」
【リル】
「え~と、一応偉い人、なんですよね?」
【彰】
「別にかしこまる必要はあるまい、あいつの性格ならば、実際、ここにいる面々のほとんどはため口だし」

そして、八咫鴉の元へ

【八咫鴉】
「何だ、君たちか」
【彰】
「何だとは何だ…たまには現状確認のためにこちらによってもいいだろうが」
【八咫鴉】
「ま、それはいいけど、ミズハたちは?」
【彰】
「イミナに会いに行った、元々の用件は彼女らが向かう付き添いだしな」
【八咫鴉】
「で、その途中で赤い夜に巻き込まれた、と」
【彰】
「ああ」
【八咫鴉】
「で、そっちの人たちは赤い夜の中で?」
【ジューダス】
「まあ、そういうところだね、俺はジューダス・ストライフ、しがない魔弾だよ」
【彰】
「ストライフの銃技はまさに魔弾と呼ぶにふさわしいものだ、俺たちも危ういところを助けられてな」
【八咫鴉】
「君たちが!?」
【彰】
「圧倒的な物量差、と言ったところだな、数百の闇精霊の群れに囲まれ、身動きが困難になっていたところをストライフの銃技に救われた」
【八咫鴉】
「へえ…ところで、君、体内に何か飼ってるね?寄生生物の類で…それもかなりの数だ」
【ジューダス】
「ご名答、俺の体内にはスチール・イーターと呼ばれる寄生生物が存在している、血液に寄生し、空気に触れると金属分子と結合、銃弾になるから、ほぼ無限の弾丸を撃ち続けられる」
【リリス】
「元は私たちのいた世界で開発されていた兵器の一つなんだけどね、赤い夜の空間は他にもいろいろなものが混沌としているから弾丸にしやすいのよ」
【彰】
「…あの世界の大気って、そんなに混沌としてるんだな…ここに比べると不純物が多いってのは感じてたけど」
【ライル】
「不純物、ってわけじゃねえな、いや、ああいう瘴気が不純物じゃないならなんなんだ、って考え方もあるんだろうが」
【リル】
「そうですね…ソドム程ではなかったですけど、あの空間の大気は濁ってました」
【彰】
「濁ってるってわけじゃないだろうが…まあ、いろいろ混ざっちゃいるわな、マナとかエーテルとか」
【八咫鴉】
「そもそも彰、君はそういうのを認識できたっけ?」
【彰】
「…たぶん、そう呼ばれるものだろうという見当だけで言ったんだが」
【リリス】
「まあ、そういうもので間違いないんでしょうね、アレは…たぶん何かしらの力の源であるのは間違いないわ」
【八咫鴉】
「まあ、間違いないと思うけどね、たぶん、あの中でだったらスイートナイツじゃなくても魔法が使えちゃったりしてね」
【メッツァー】
「…ちなみに言っておくが、魔力は正解だ、この世界に比べ赤い夜の中は魔力が濃い、だからこそ俺の気配探知の精度がお前のそれに比べ高いんだ」
【彰】
「ってえことは、俺たちも何かしら適当な詠唱で、魔術とか魔法とか呼ばれる代物を仕えるかも知れない訳だ」
【八咫鴉】
「適当な詠唱で…って」
【ジューダス】
「そんなんで使えるんなら魔法とか魔術ってものの有り難味も薄れてくるね」
【彰】
「…いや、あくまでもその手の詠唱がちゃんとなってる小説とか漫画を参考にして、そういうのの詠唱から適当にって意味だったんだが…」
【アスト】
「主語が抜けていては会話は成り立ちませんよ」
【ジューダス】
「そうそう、漫画やゲームって言う単語が抜けてちゃな…」
【彰】
「あのなあ…そう笑うな」

爆笑しやがるこいつらを睨みつける

【彰】
「しかし、本当に出来たらまず真っ先にお前らにぶち込んでやるからな…」
【リル】
「八つ当たりは嫌ですよ」
【彰】
「…さあて、どれにしようかなあ…」

もう聞く耳もつ気無し、と詠唱候補を考え始める

【彰】
「一気にまとめて吹っ飛ばせるものとなると…やっぱり」
【ライル】
「待て、いい加減に戻ってこい」
【彰】
「ライル、言っておくが冗談抜きで言ってるんだがな?実際に先のような状況になった時、対多数攻撃があった方がいいのは事実だ、九鬼流はあくまでも一対一を想定したもの、対多数となると俺では師匠には遠く及ばん」
【ジューダス】
「なるほどね」
【彰】
「それとは別にお前と八咫鴉にぶち込む分は考えておいてやる」
【ジューダス】
「ひどいなあ…」
【八咫鴉】
「って、私もか!?」
【彰】
「一番最初に笑ったのはてめえだからな、さあて、なんにしようかなあ」

候補としてはいろいろ思い浮かぶんだが、少し古い目のがいいかな
詠唱がまともに書かれてる奴…


【愁厳】
「いいからこちらに戻って来い、彰」
【彰】
「あ、ああ…いかんいかん、ス○イヤーズとかそこらへんの詠唱を必死になって思い出してた」

ほら、ドラグ○レイブとか、そんなのを…あ、アレは力を借りる対象が同じ世界にいないと駄目なのか…じゃあオ○フェンか?しかしアレもなんか特殊な因子が必要とか…となると棄て○リは…そもそもアレはシステムからして違う…

【ライル】
「いいから戻って来い!」
【彰】
「ぐおっ!?」

ら、ライル…いきなり後頭部は逆に意識が飛ぶと思うが…

【彰】
「…そもそも、言いだしっぺは八咫鴉だろうが!」
【八咫鴉】
「ええ!?」
【アスト】
「確かに、魔法が使える云々を言い出したのはあなたでしたね」
【リル】
「そうですよ、話が脱線しちゃったじゃないですか」
【八咫鴉】
「ぐぬぬ…」

まあ、アレだ、こんなアホ話になるのもまだこの世界が平和だというだけだ…

【彰】
「さて、そういうことでストライフ、ライル、アスト、リリス、リル、少しばかり町のほうに出る、付き合え」

新綾女に向かう、今日は日曜、バイトはないので、駆たちも一緒だ

【駆】
「…?あれ?」
【彰】
「今度はこちらが変わったのか…」

知らぬ店がちらほら、それに対し

【ジューダス】
「この町並みは…ソドムか?」
【ライル】
「ああ、間違いない」
【リル】
「あ、あそこ!」
【彰】
「…どこだ?」

この近くはツィベリアダなんだが…

【ライル】
「エニスの店か!?」
【彰】
「…え~と、もしかして、ツィベリアダの真向かいか…?」

リルの指差す先、そこはツィベリアダの真向かいにいつの間にか出来ていた店だった
おそらく、居酒屋の類、酒場やバーと言ったほうがしっくり来るかもしれない
とりあえず、案内されるままに入ることに

【赤い髪の女性】
「珍しいわね、ライルがこんな大人数連れてくるなんて」
【義手の女性】
「同感、で、あんたらは?」
【彰】
「…彰だ、相手に名を聞くときはまず先に自分が名乗るのが礼儀ではないのか?」
【エニス】
「それもそうね…私はエニス・カーディナル」
【カーマイン】
「カーマイン・オニキスだ、よろしく」

さて…この二人はどうやらこいつらの世界の人間か…確か、ソドムとか言ったか
相変わらずあの中にいない奴は外が入れ替わっても何も…待て、あの二人は!?
咲月と奈緒、あの二人はどうなんだ?
そう思った矢先、俺の携帯に着信が入る

【彰】
「はい」
【咲月】
「赤い夜に入ったのは解るんだけど、今どこにいるのよ!」
【彰】
「ああ…あの後八咫鴉の家に行って」
【咲月】
「それは知ってるわ、あの後私たちもすぐに向かったから、で、何で私たちを待ってないのかしら?」
【彰】
「あ~…」

忘れてましたと素直に言って許されるだろうか?
答えはたぶん否だろう

【咲月】
「いいからすぐに迎えに来なさい!いいわね!?」
【彰】
「了解!」

確か、マスターのバイクが…

【エニス】
「急ぎの用でもできたの?だったらあたしのバイク貸したげるけど」
【彰】
「ありがたい!」

つい両の手を握っての感謝

【彰】
「というわけで、うちの怒らせたら怖い人が結構お怒りなので迎えに行ってまいります!」

バイクをかっ飛ばす、そして

【彰】
「まことに申し訳ありませんでした!」

ジャンピング土下座などやってみる

【咲月】
「まあ、赤い夜の中で相当な激戦だったらしいし、また新しい人に会って案内するために忘れるのは仕方ないかもしれないけど…にしても直哉まで忘れてるなんてね…」
【彰】
「あ、あの…咲月さん?俺の鬼化状態よりもヤバ気のオーラが出てますよ」
【咲月】
「大丈夫よ…別に直哉を折檻とかは考えてないから…」

…ヤバイ、付き合いの浅い俺たちはともかく直哉に対する怒りはかなりマジだ…
ああ、すまん直哉、俺には彼女をなだめる術が思いつかない…

【奈緒】
「大丈夫だよ、咲月ちゃんは優しいもん」

ああ、奈緒よ、どうかあいつを救ってやってくれよ…

とりあえず、俺はバイクをかえさにゃいかんのでそのまま戻る、ついでに鴉天狗も二人を乗せて付いてくる(八咫鴉は咲月に対してぶるってたので二つ返事)
そして

【直哉】
「…ごめんなさい!」

音速土下座、さすがに自分の落ち度は理解しているようだ
いやあ、まさか本当に床に頭擦り付けてまでがたがた震えてるとはな…いや、俺もジャンピング土下座など生まれて初めてやったが

【彰】
「え~と…この通り平身低頭頭を床に擦り付けて謝ってるんだが…」
【咲月】
「まったく…私がそこまで狭量だとでも思うの?」

声はかなり落ち着いている、先ほどまでのオーラももうすでに出ていない、どうやら本当に怒りは収まったようだ

【エニス】
「え~と…」
【ジューダス】
「で、彼女は?あの夜にはいなかったみたいだけど」

ストライフが耳打ちってことは…

【彰】
「愁厳、どこまで説明していいんだ?」
【愁厳】
「彼女らには詳しいことは話していない」
【彰】
「え~と、この世界の変動の影響を受けない俺たちの協力者だ」

こちらも耳打ちで返す
この町並みの変化を見ての反応を見て赤い夜にはいなくとも影響を受けていない…元々の世界では一度死んでいるらしい(当人曰く、直哉たちも死んでいるはずと言っている)ことも影響はあるだろうが

【咲月】
「まあ、そこまで謝るんなら許してあげるわ」

その後自己紹介も終わり

【彰】
「で、俺のバイト先がここの真正面なんだよ」
【エニス】
「へえ、あの喫茶店か…」
【カーマイン】
「そーいや、正面にあるのに行ったことなかったな」
【彰】
「まあ、そうだろうな…」

この世界の異変に巻き込まれている以上は仕方ないか…

【彰】
「よかったら、俺がバイトのときにでも来るといい、コーヒー一杯ぐらいなら奢ろう…最近このコーヒー一杯が洒落になってきてない気もするが」

なんか、知り合いが増えるたびに最初の一杯をおごりにしてるから本当に洒落になってない…ここ最近趣味の金も(ようはギターとか釣りなんだが…ギターに関しては下手の横好きなんで公言はしていないが、それでも最大の趣味の一つ、釣りに関しては仕掛けやら何やらを釣りのたびに買ったり作ったりするので金がかかるのだ)ほとんどなくなってきたし…
さすがに生活費に手は出せない
…というか、そこらへんの財布の紐は今現在菊理が握っているので、俺は手が出せません
いや、まあ…食費とか光熱費とか、そこらへんの管理を菊理がやってくれてるのでかなり助かっているのは事実なので文句など言いようも無いのだが

【彰】
「ふう…まあ、バイト代はそれなりに入ってるし、大丈夫だけどな…っと、そういえば、香奈葉のバイトの話だが…」
【香奈葉】
「はい」
【彰】
「まあ、大丈夫だと思うよ?どうせ明日はバイトだし、そのときにでも言ってみようか」
【香奈葉】
「はい!」

本当は上さんの産休期間だけのバイトの予定だったらしいが、ある程度の育児休暇(どうやら幼稚園に入れるつもりらしい)もとることにしたらしく(バイトが増えたこともあるが)、追加で人員を募集したいというようなことは言っていた

【彰】
「さて…いつまでもお邪魔するのもアレだし、そろそろ解散しよう、また明日学校でな」
【愁厳】
「そうだな…では、ライルさん、ジューダスさん、アストさん、リルさん、リリスさんは明日授業終わりになったら連絡しますので、我々と会った場所にいてくれると助かります」
【ジューダス】
「了解、まあ、それまでは適当に町をぶらついてるなりなんなりしてるさ」
【アスト】
「では」

解散し、俺たちも帰路に付く

【菊理】
「今度の人たちもいい人たちみたいでよかったですね」
【彰】
「さて、な…ストライフあたりは根本的にいい人と言えるかどうかは怪しいがな」
【栞】
「でも、悪い人じゃ、ない」
【彰】
「ああ、そうだな…まあ、敵で無いならばこれ以上心強い存在もなかなかいない連中だ、これからも頼りにしようじゃないか」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七夜彰

Author:七夜彰
構想だけが爆走し続ける気まぐれ小説書きのブログ
小説か日記、QMAネタを不定期に乗っけています
Twitter→nanaya_akira

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在時点での訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる