第十四章

いろいろアレな内容です
ちょいと前座

【光陰」
「なあ…今回は誰視点の話しなんだ?どうも俺達の中にいるように思えないんだが」
【作者】
「ああ、あれは俺の視点みたいな…ようは作者の視点と言ったところか、今回は結構遊びの章だから特に誰か視点、って言うものにこだわる必要性がなかった」
【時深】
「なんだか…テムオリンが妙に物分りがいい気がするのですけど」
【作者】
「神剣関係ないならあんなもんなんじゃないかな?という俺の勝手な予想だ、ちなみに最後の方で彼女も合流するんじゃないかな?現状はこのままにしておくのは嫌だが自分で動くのも嫌なのでタキオスでも貸して利用してやろうとでも思ってるんだろう」
【タキオス】
「元々我とテムオリン様は出番を予定していなかったと聞いたが」
【作者】
「その通り、実はロウ・エターナルの出番は皆無の予定で書いていた、のだが唐突にタキオスを使ってみたくなったんだ、彰との相性最高だしwwwまあ、大体こんなところでいいだろう、続きは小説の後で」




          第十四章/邂逅する永遠者達(Encounter)

【彰】
「…やれやれ、気配を感じてすぐ遭遇とは、お互い運がないな」
【タキオス】
「まったくだ、楽しめそうな世界ではあるがお前以上は考えられんからな」
【忘却】
「我が主よ、ここで戦うのは得策とはいえん、ここは引け」
【彰】
「聞けんな、バカ剣…俺という存在を知っていればここで引くなどという選択はありえない」
【タキオス】
「では…行くぞ!」
【彰】
「勝負だ!タキオス!」

そこから少し離れた場所

【テムオリン】
「あらあら…お互いに熱が入ってしまいましたわね、コレはしばらく治まらないでしょう」
【時深】
「そう言うあなたこそ、この世界に何の目的で来たのかは知りませんが、私達をおびき寄せるようなことまでしたのですよ?覚悟は出来ているんでしょうね?」
【テムオリン】
「私達も今回は予定にない跳躍ですからね、ましてやここは神剣世界の外、ロウ・エターナルとしてもここではマナを無駄に消費するだけ、戦うなんてばかげたことはしませんよ」
【悠人】
「そんな言葉、信用できるか!」
【光陰】
「まあ、待て、悠人、お互いに予定にないことで戦う意味がないなら最低限戦闘は避けるべきだ」
【今日子】
「あっちはすでに始めちゃってるけど?」
【シェゾ】
「放っておけ、気が済むまで殴り合えば静まるだろう」
【シェイス】
「そういう問題か…?」
【テムオリン】
「それに、私達は今回ミニオンも用意できていないのですよ?この遭遇はお互いに事故なのですから、お互い矛は下げるべきではありませんか?」
【時深】
「…」
【悠人】
「…いいだろう」
【光陰】
「ま、俺も無駄に消費はしたくないしな…お互い今回は不干渉、って事でいいんだよな」
【ウィニ】
「で、あの二人はどうするよ?」
【ファーレーン】
「お互いの戦意が治まるまで放置するしかありませんね…彰さんもタキオスが相手だと…」
【テムオリン】
「まったく、強者同士での戦いになど私は興味がありませんが…」
【時深】
「そのことにだけは同意しておきましょう…」
【光陰】
「ま、男にはああいうときもあるってことだ、自分の強さに磨きをかけたい、それがどこまで通用するのか試したいって時が必ずある、こればっかりは男の性だな」
【シェゾ】
「ふん、くだらんな、俺は自身の強化には興味があるがソレを同格の相手を探してまで試すなど考えられん」
【シェイス】
「そこは人それぞれだろうな…しかし、彰にそういう傾向があったとは…」
【光陰】
「あいつはなんだかんだで喧嘩は好きなんだよ、ああいう何も考えないどつきあいなんてタキオス相手でもなきゃ出来ないからな…」

テムオリンとの和解がいつの間にか成立しているうちに彰とタキオスはすでに百を超える剣戟を放っていた

【彰】
「相変わらず…やるじゃないか!タキオス!」
【タキオス】
「貴様こそな!やはりお前こそ我が捜し求めていた強者よ!」
【彰】
「うおおおお!」
【タキオス】
「はああああ!」

その実力はまったくの互角、もっとサポートスキルを多用する、戦術を駆使するなどすれば彰に分があるのだろうがお互いサポートスキルなど無粋、ガードと斬り合いに集中しているため速さで攻める彰と力で押し返すタキオスでは実力がまったくの互角となってしまう
当然、こうなれば先にスタミナのつきた方が負け、体格ではタキオスに優位性がある

【彰】
「はあっ!」
【タキオス】
「ふん!」

それを見るほかの面々

【光陰】
「ありゃあ…しばらく帰って来そうに無いな…」
【セリア】
「まったく…困ったものね」
【悠人】
「お互いに戦闘能力は高いからな…どっちかが冷めるまで待つしかないか」
【テムオリン】
「さて…それがいつになることやら…」

まったく、と同時にため息をはく面々であった

【彰】
「せええああああああっ!」
【タキオス】
「ふううおおおおおおお!」
【忘却】
「まったく…困ったものだ」

忘却自身振るわれながらそう思うのであった

【ラティ】
「凄い…あそこまで速い剣戟は初めてだよ…」
【ケイト】
「…あんな大剣でよく彰さんについていくな…」

おっと、こんなところで感心している人間もいた

【光陰】
「しっかし、よくやるよなあ…もう十分は経過してるぞ」
【時深】
「私の知る中では…あの二人は一時間以上戦ったこともあるはずです」
【テムオリン】
「新記録なるかもしれませんわね…ちなみに、最高は二時間強でしたわよ?時深さん?」
【時深】
「く!そんなこといちいち訂正しなくてもいいでしょう!」
【悠人】
「口喧嘩はやめておけ、向こう以上にくだらないぞ」

悠人に言われ黙り込む時深、何かを言えば再開するだろうと察したテムオリンも黙る

【彰】
「ふっ!しっ!せあっ!」
【タキオス】
「はあああああっ!」

そんな連中などお構いなしに戦い続ける彰とタキオス

【フェイ】
「本当…よくやるわね」
【ニムントール】
「…馬鹿」
【シェゾ】
「まったく、物好きな連中だな」

そんな台詞は聞き流しつつ、延々三時間に及ぶ斬り合いの末

【彰】
「!」
【タキオス】
「おおおお!」

彰の切っ先がタキオスの喉下に突きつけられるのとタキオスの刃が彰の額に突きつけられるのは同時だった、そしてお互いに最後のオーラフォトンでソレを防いでいた

【悠人】
「そこまでだな…まったく、よくやるよ」
【忘却】
「まったくだ、ここまで酷使されようとは…」
【ケイト】
「タキオスさん、凄いんですね…」
【タキオス】
「我にさん付けなどされても違和感がある…別に呼び捨てでかまわん…それで、テムオリン様」
【テムオリン】
「ええ、タキオス、あなたは彼らに協力なさい、私はこれ以降は何もしませんから」
【タキオス】
「御意、よろしく頼むぞ、彰よ」
【彰】
「ああ、お前が味方になってくれるとは心強い限りだ、この世界限定とはいえ、頼りにさせてもらうぜ」

彰たちの家に戻る
しばしの休息のあと、ようやく本命の巡回を開始する

【タキオス】
「こやつ等が妖怪か…中々に楽しめそうな相手ではあるが」
【彰】
「お前が相手じゃ欲求不満になるんじゃないか?数は多いが一体一体は雑魚だ」
【タキオス】
「行くぞ!」
【彰】
「ああ!」

二人の馬鹿は並んで敵陣に突入する

【シェイス】
「本当によくやる…俺達も遅れるわけには行かないな!」

そう言うとオーラフォトンを刃に収束するシェイス、他の面々も構えるが、その間に敵の一割はマナの塵へと帰っていた

【シェゾ】
「…化け者共が…アレイアード!」

呆れているのか驚愕しているのかわからない呟きの後とりあえず手近な妖怪にアレイアードを打ち込むシェゾ

【悠人】
「あの二人が組むとああなるんだな…」
【光陰】
「呆けてると俺達の仕事がなくなるぞ、最低限の仕事はしておこうぜ、経験値も必要だ」
【悠人】
「それもそうだな!」

正面から来る妖怪に刃を叩き込む悠人と光陰

【シメオン】
「ええと…確かマナの扱い方は…」
【セリア】
「落ち着いて、今までの訓練を思い出してください」
【メーガス】
「今までの訓練…」

何故か震えだすメーガス、相当なスパルタなのは言うまでもない
いかんせん、彰が加わると地獄絵図になるのだが、その中で彼らも確実にレベルアップはしている
集中力を高め、刃にマナを乗せる
オーラフォトンという形ではないがマナを使う事で威力は上がる
シメオンは赤、メーガスは青のマナを刃に乗せる
貴公子はすでに気を腕に集め妖怪を殴っている
他の昌霊世界の面々もそれなりに活躍してはいる
シェイスは時折サポートスキルも駆使しすでにエトランジェと同等の活躍を見せており、クォーはギミックを駆使した戦闘で様々な戦法を用いて敵を倒している
昌霊術師は主に補助に専念しているがある程度は攻撃も行い戦闘をサポートしている
ここ数ヶ月、昌霊世界の人間のレベルアップには目を見張るものがある

【彰】
「集えマナよ、我に従い業火となりて、敵を包み込め!オォォォラフォトォォンブレイクゥゥ!」

一気に妖怪の数が減り、残っている妖怪も動きが鈍る
後は殲滅されるまでそう時間は掛からなかった

【タキオス】
「ふむ…この程度か…」
【彰】
「どうだ?妖怪と戦ってみた感想は」
【タキオス】
「悪くはない、そこそこに楽しめる相手ではあったぞ」
【彰】
「そうか…ま、お前さんと組むと楽で助かる」
【悠人】
「というか、やりすぎだろ」

悠人の突っ込みは聞き流し

【彰】
「さて…撤収だ!」

彰の号令で各自撤収し、家に戻る

【光陰】
「しっかし…あのタキオスと肩を並べる時が来るとは思わなかったな」
【タキオス】
「この世界限定だがな、私としても貴様等と組むと言うのは想像していなかった、一度だけ彰とは共闘したこともあるが」
【彰】
「ああ、破滅相手にな…あの時もとどめはさせなかった…ったく、テムオリン並に慎重なおかげで本体の位置もいまだつかめてないからな」

そういって肩をすくめる彰、まったくだ、と頷くタキオス

【悠人】
「なんか…妙に仲良くないか?あの二人」
【アセリア】
「似たもの同士…」
【ウルカ】
「気があったのでしょうな」
【シェイス】
「まあ、利用しあうだけの関係よりはましじゃないか」

こっちのほうも納得はいっているようだ、もとより、今回のタキオスの戦果を見て彼を拒む理由は皆無だった

こうして、予想していなかった援軍により一気に戦力が強化される彰たちであった



シメオンたちの覚醒はまだ第一段階です、多分彼らはスピリットクラスにはなります、そこまでだけど…
扱いが悪い?いるはずなのに作中台詞ない人間の多い昌霊世界出身者の中では…
他の人たちはまあ…公に許可が取れていない部分もあるので昌霊世界出身の特異点(多分ウィニ)の出番まで…
多分後二三話のうちに必ずはさむので
ちなみに、やたら強力な存在として書かれているシェイスやクォーですが…これ以上は強化されません、一応経験値の積み重ねによるレベルアップはあるのだろうが…俺はそこらへんのゆっくりとした強化はあまり書く気がないので、飛躍的な成長を遂げる可能性があるのはもうそれほど多くは無いかな?
後もう一度特異点となるのがケイトと悠人、この二人は多分特異点として主観となることがあるでしょう…ラティ?ああ、彼は特異点の中でも一番性質弱いから、というか俺はこれをどこら辺で完結させる予定なのだろうか…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七夜彰

Author:七夜彰
構想だけが爆走し続ける気まぐれ小説書きのブログ
小説か日記、QMAネタを不定期に乗っけています
Twitter→nanaya_akira

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在時点での訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる