いろいろな諸設定 第三弾

TOEOメンバーの紹介です、最初は昌霊術師が役に立てなかったり、後半だと詠唱シーン削除だったりしますが、一応数人は詠唱も考えてますよ
ウィニとドラは特異点の項を参照

人数多いので分割します
ちなみに、スピリットは普通の剣士よりもはるかに強いです、比較対象が化け物ばかりなので霞んでますが…
彰はこのメンバー中最上位の場数を踏んでおり、数多の戦術と技術を駆使する事でこのメンバー中最上位の技量を誇り、悠人はエターナルとなってからの場数も多く戦闘能力は高い
あとでランク分けしてみます



のあ
ウィニの恋人
聖昌霊術師で、こちらに来てからはエスペリアから術を学ぶ
攻撃が一切不可能なため、戦闘能力は低いが、師が師なので回復と援護のどちらも得意である

カスト
ドラの弟
剣士なので昌霊のハンデを受けていない
剣士としての技量ではシェゾに劣るもののかなり高い

シェイス
剣士であり、技量は光陰にも匹敵する
考えながら動ける一人であり、彼が合流するまで登場人物は三人を除き考えなしかいちいち考えてからでなければ動けないかのどちらかである

クォー
剣士だが、自身の武器が昌霊によって効果を得ていたことで戦闘能力は多少ではあるが弱体化してしまった
だが、剣に施したギミックによって独特の戦闘スタイルを得意としているため、戦術で昌霊のいないハンデを補っている

シメオン
剣士であり、技量はそこそこに高い
最も、登場する剣士は非常に多いため、その中では埋もれてしまう(スピリットなど普通に強力な剣使いがいるため)のだが…それでも人間としては非常に高い戦闘能力を持つ

風来の貴公子
格闘家であり、彼もまたかなり強い
気を自在に操るが、ドラのようにオーラフォトンの同時展開などは不可能

メーガス
剣士だが、彼もまた高い技量を持ちながら埋もれてしまう一人である
そのため、基本的にはシメオンや貴公子との連携で戦うこととなる

十六夜弐式
魔昌霊術師、そのためこちらに来てからは彰やヒミカ、セリアなどからマナの扱い方を学び、魔法を行使することが出来るようになる
戦闘能力は高いが、いかんせん補助系のサポートスキルは習得しない

姫希
聖昌霊術師であり、ニムントールを師とする
最初ニムはめんどくさがっていたが、コレはいつもの照れ隠しで、実は弟子が出来たことを喜んでいて、彰とファーレーンには気づかれていた
そのため、補助系のサポートスキルを得意とすることになる

坂神陸
剣士であり、昌霊世界からの来訪者の中でも五指に入る技量を持つ
だが、彼自身は動いてから考えるタイプで、シェイスや彰から比べると少し猪突猛進になるところがある


今回はここまで、実力表を作ると結構昌霊世界からの出身者のばらつきが酷いです
スポンサーサイト

コメント

No title

久々に来たら、こんな事に!
おし!黒い三連星…いや、赤い三騎士・・・でもなく、ボンクラーズ結成ですね\(^o^)/ハジマタ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七夜彰

Author:七夜彰
構想だけが爆走し続ける気まぐれ小説書きのブログ
小説か日記、QMAネタを不定期に乗っけています
Twitter→nanaya_akira

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在時点での訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる