いろいろな諸設定 第一弾

まあ…アレだ、いろいろなキャラのこの小説における設定とか彰の部分の書き直しとか
今回はこの世界のことと特異点の方々です
後の数人はまた後ほど
あと、二日たっても反応がないのでTOEOのメンバーは登場させていただきます



まずは世界設定から

この作品における平行世界というのはパラレルワールドのような扱いではあるが、ある種の壁が存在しており通常の移動手段では交わることは無い
その壁を越えて世界を移動できる存在はそう多くは無い
全世界を通してみても百人いるかいないかという存在だが、今回登場するキャラクターたちはいずれも元の世界は平行世界であり、超えることの出来ないはずの壁を無視して何者かが召喚している
現在確認されている平行世界は10あり、今回の舞台は剣の世界と呼ばれる世界で、第一~第五世界までは世界移動者の始祖と呼ばれる存在によって定義された五つの世界のこと(初めて確認された平行世界であるが、この五つは世界的に見て技術水準はほぼ等しく、大きな差が見受けられるのはそれ以外の五つである)

高崎彰
確認されている10ある世界の中の一つ、第三世界を中心に活動する戦闘家(出身は第一世界)
剣の世界を訪れたのはなんとなくだったが、その理由も特異点となるべくして仕組まれたものである
なんとなくを意識化に刷り込まれていたのだが、その時点では彼が特異点となるかどうかは定かではなかった(七夜彰がこの世界に訪れることが不可能になったため、彼が特異点となった)
彼を呼んだのは剣の世界そのもの
いくつもの世界を渡り歩いているため、武術や魔法に対する技術は豊富であり、使いやすい、またはコレは使えると思った技法を積極的に使っているため、いくつもの系統の魔法や剣術を駆使しているが、彼自身の生誕世界である第一世界の技法を今まで一つも使っていない、コレは第一世界で英雄気取りでいた挙句に「狡兎死して走狗烹らる」という状況になったかつての自分を嫌っているため
そのため、「自分の正義だけが万物全ての正義と思う存在」または、「自分の正義を押し付ける存在」を嫌っている
今作に登場する特異点では唯一自力で外の世界を渡り歩ける存在である

高嶺悠人
10ある世界の一つ、神剣世界出身
神剣世界は神剣によって生み出された世界であり、一つの世界の中に多数の世界を内包しており、それゆえに10ある世界の中で特異とされる
実は彼もまた特異点の性質を持つのだが、今作においては彰という特異点の存在があるためその性質は発揮されていない
基本的にエターナルとしての技法以外は使わないが、剣術だけは彰との訓練で習得した本物である
神剣世界の中であれば無数の世界を渡り歩いているのだが、彼自身には神剣世界の外へ出るだけの力はない(エターナルは神剣世界内であればその世界へでも移動できるが、その外へ移動することは通常のエターナルでは出来ず、素質は必要)

シェゾ・ウィグィィ
10ある世界の一つ、魔導世界出身
魔導世界は他の世界からある種隔絶された環境にあり、本来ならばこういった事象は起きないように調整されているはずだが、今回は何者かにより召喚されこの地に存在する
特異点の性質を持つ一人、彼もまた彰という存在のためその性質は発揮されることは無い
基本的に努力や訓練という単語を嫌うが、必要であれば自己の研鑽も考えることが出来る柔軟性はあり、魔法をこの世界にあわせてアレンジする、ということを始めに行ったのは彼である

ラティ
10ある世界の一つ、機械世界出身
彼の故郷そのものはさほど文化が進んでいるわけではないが、この世界全体で見れば他に比べ機械文明が発達しているためこう呼ばれる
特異点の一人、二人と同様に彰の影響でその性質は発揮されない
上記の三名とは違い、剣術のみに特化しており、剣士としての技量は高いが妖怪という慣れない相手が敵であるため苦戦を強いられることとなる

ケイト
10ある世界の一つ、剣の世界出身
唯一この世界出身の特異点であり、彰の影響はあるが他の特異点とともに行動している時は彼も特異点としての性質を帯びる場合がある
能力の相性から、彰から戦法を学んでおり、彼を師と仰いでいる
戦闘能力は荒削りだが、彰や悠人のように場数を踏んでいる者たちから指導を受ける事で徐々にではあるが戦闘能力は上昇している

ウィニーグ
10ある世界の一つ、昌霊世界出身
この世界は昌霊によって世界が構築されるためこう呼ばれる
剣の世界には昌霊が存在しないため最初は昌霊術師が術を使えないのだが、この世界に合わせてアレンジする事でソレを補っている
彼もまた特異点であり、現在特異点が集まっているこの世界に特異点同士の共鳴によって召喚された、召喚されて以降は彰の影響で特異点の性質は発揮されていない
剣士タイプであり、ラティよりも腕がよく、昌霊によるデメリットがないこともあってかなり優秀

ドライゼル
10ある世界の一つ、昌霊世界出身
彼もまた特異点であり、TOEOの人はウィニ、ドラ、ケイト、悠人の共鳴によって巻き込まれる形でこの世界に呼び出される
このメンバー中では珍しい格闘家であり、他の特異点と違い武器を持たない戦闘を得意としている
気を操ることにも長けており、気とオーラフォトンを同時に展開するという独自の技術を持って攻守に優れ高速で敵の懐に入り込んでのヒット&アウェーを得意とする


今回はこんなところです、他の人たちも順次更新する予定
まあ、原作ありで知らない人には少しわかりにくい説明もあったり、そもそも紹介を書かないかもしれませんが、ご容赦を
TOEOの人は書きますよ、きっと
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七夜彰

Author:七夜彰
構想だけが爆走し続ける気まぐれ小説書きのブログ
小説か日記、QMAネタを不定期に乗っけています
Twitter→nanaya_akira

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在時点での訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる