スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣と魔法の物語設定

うん、とりあえず、タイトルはこれで決定しようかと
世界設定はとりあえず書き始めるまで置いておいて、オリキャラの設定でも載せようと思うんだ
今度は完全にオリジナルで、今までの小説の登場人物の誰ともかかわりがありません



高崎彰

魔導世界に何度も訪れたことがある異世界の人間
剣と魔法の両方を駆使して戦い、剣の腕では並ぶものがいないほどの腕前を持ち、魔法は強力な高位魔法を幾つも習得している化け物
その実体は数百年前から世界の理を脱している存在
エターナルではないが、彼らのことについて妙に詳しかったりもする
得意とするのは
アレイアード、ヘブンレイ、インスパイア、ヒーリング
と言ったような魔法をよく使う
ダイアキュートの四回がけでアレイアードスペシャルも使う
自称「闇の魔導剣士」
この数百年、一月ごとに十日ほどの休憩を含むがほぼ毎日の鍛錬を欠かしていないため、剣の腕、魔法の技量ともに並ぶものが中々いない存在
剣も魔法も半分趣味で鍛えているという男
鋭いと悪いの間ぐらいの目つきがデフォルトのため、勘違いされやすいが、本来は親しみやすい性格
正しく言うならば世界の理に固定されてしまった存在であり、老化しないことよりも髪形を変えたことの方が周囲から驚かれるような存在になってしまっている
そのため、この数十年、背中まで届く長髪のままで固定している
剣技を得意とするが、脚癖が悪い部分もある
コレは徒手空拳でも剣を持っていても使える蹴り技が自然と得意になったため
本気で戦うときは魔力を翼の形に固定し、背中に固定する
その色は黒いため(彰が自分で黒にしている、自分の魔力で構成しているので色はわりと自由に変えることもできる)、「黒死の翼」とも呼ばれる
この翼の羽はこれ自体で攻撃も可能
一応、これに風を受けて飛ぶことも出来る
使用している剣は彰の世界の闇の剣
自我はないが、彰の意思で刀身を発生させるなど、某どこぞの世界のゴルンノヴァに近い性質を持っている
戦うのは嫌いだが自己鍛錬と喧嘩を好む困った男
そりゃ数百年も自己鍛錬を続ければ並大抵の存在が敵うわけない
「狡兎死して走狗烹らる」という言葉に馴染みがある
スポンサーサイト

コメント

SSR書いたよー!

放置しっぱで御免…

携帯厨としては長編SSはキツいっす。



>亀ですが

誕生日おめでとう!

次に会うときに“何か”盛ってく…おっと、持ってくるよ。



>ぷよ


ウチのセガサターンは現役だ。

と言うわけでお前さんもサターンを買えば問題なし。


1000円でお釣りがくるよ!


カーくんをペットにしたいと思っていたのは俺だけではないと信じたい。



No title

キャラクター貸しますよー
まあ、いつも同じだと面白くないので完全に新キャラを2人ほど…

ケイト・リン
日本読みだと凜圭堵
特異な才能を持つ少年
自身のイメージをエネルギー状の武器として実体化させることができる。例として剣や斧といった一般的な武器はもちろん銃火器(放つのはエネルギーだが)のようなものも可能でエネルギーで翼を作ったりなど用途は様々
とある事件と人物に出会うまでは一般人だったため基本的な魔法は使えず戦闘能力は余り高くない…が彼の姉がとてつもない実力の持ち主のため以外と強かったりする
容姿は緑のやや長めの髪に青い瞳を持つが感情が高ぶると眼の色が真紅に染まる。それと同時に身体能力が上昇する
その状態で危機に陥ると瞳の瞳孔が広がりきり思考能力が一気に上昇し普通では考えられない行動を起こす
性格は普通の少年といった感じで色々と悩み込んだりすることが多い
一人称は俺
相手のことは同年代や年下は呼び捨て
年上や身分が上の人にたいしてはさん付けになる武器としては片刃のほうが切っ先を残し柄まで無い大剣をもつ。これは自身のエネルギーを刃の間に発生させ剣の重量を活かしつつケイト本来の戦いが出来るようにするためである
ちなみに年齢は17歳
例台詞
「くそっ、やってやるよ!」
「な、なんか無茶苦茶だな…」

二人目~
フェイ・フィルバート
身元も出身も謎に包まれた少女
身体能力は余り高くないが高い魔力をもっていて多くの魔法を扱いこなすことが出来る
得意なのは補助系統であるが攻撃系統もかなりのもの
武器は護身用のナイフのみ
容姿は薄い紫の長髪に紫色の瞳という目立つ風貌をしている
性格は優しい感じのする少女だが意外にお茶目な点があったり
嘘泣きでケイトを騙したりなどすることも多々
ケイトが戦いに身を投じることになった直接の原因である
一人称は私
他人に対してはケイトと同じ
年齢は17歳でケイトと同じである
例台詞
「あなたにしか出来ないの!お願い!」
「あら、意外にやるじゃないケイト」

ちなみにこの二人の関係はフェイはケイトに恋心を抱いているがケイトは欠片も気付いていない
といった感じ
こんな感じでいいでしょうか?
不明な点があればまたかきこみます
では、頑張ってくださいw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七夜彰

Author:七夜彰
構想だけが爆走し続ける気まぐれ小説書きのブログ
小説か日記、QMAネタを不定期に乗っけています
Twitter→nanaya_akira

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在時点での訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。