スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらすじみたいなもの?

とりあえず書いてみた
いろいろ書き直すかもしれないが、とりあえずこんな感じでどうだろう



総本山からの依頼を受けて水杜神社へと向かうこととなった彰
当然のごとくそれについていく水月
それと同時期、水杜神社にて操り糸の呪符を使用された妖怪の存在が確認される
コレは綾の神社において使われる真言であったが、和人の本職に関わる事件によって使い手はほとんどが総本山の監視下にあるはずの術であった(コレは俺とLsの所属していた部誌に奴さんが寄稿していた小説のネタ、詳細が明記されていなかったため、俺は妖怪を操る類の呪法と解釈したのだが…)
このため、和人たちもまた、水杜神社へと派遣される
現在、水杜神社の神官夫婦はその繰り糸の呪符によって用意された鬼によって負傷しており、そのため彰が派遣されることになった
彰は総本山には所属していない(下手に総本山に所属するとまず間違いなく技量の高さから和人と同じ職場に所属することになるから)
和人と仕事を一緒にしたこともあり、彰と水月、和人と雨は面識がある(和人たちが綾と知り合う前に一緒に仕事をしただけであり、綾とは面識がない)
綾もまた最初水月を様付けしようとして彰と雨、幹也に同時に止められる


水杜神社における戦力
神咲彰
水月
北条和人
水島綾

滝峰幹也
音羽桂香
音羽初花



てな感じでどうよ?
和人たちを水杜神社に来させようとするとコレぐらいしか思いつかん
スポンサーサイト

コメント

乙~、把握した。

あと操り糸についてkwsk


書いた。

幹也さんが帰ってくる辺りからどぞ。

何かオリキャラが増えてる気がするのは気のせい~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七夜彰

Author:七夜彰
構想だけが爆走し続ける気まぐれ小説書きのブログ
小説か日記、QMAネタを不定期に乗っけています
Twitter→nanaya_akira

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在時点での訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。