紹介小説VOL2

はい、Flow Light編です
こっちで妙な伏線張ってますが、消化するかなかったことにするかはまだ未定
後、何故か十拳で打ち合いやってますが気にしない方向で
ちなみに、彰のくせである考え事をすると気に独り言を言うですが、実は俺のくせです、考えてることそのまま口に出してしまうんですよね、深く考えることじゃない場合

追記その一
テンプレ変更しました、夏っぽく涼しげなものを選んだつもりです
追記その二
紹介小説はギルド単位で進めたいので、ギルドがある程度人数がいない(彩の場合あと一人来てくれればカインたちで埋めれるんですけどね…www)場合、その他紹介リストで紹介することになるかと
一応、ドライゼル、カスト、クォーの三人は一緒に紹介予定です
後一緒に紹介する予定なのは、ツァイトメッシュの二人と貴公子、シメの四人は一緒にww(知り合った時期がこの四人一緒なんで、どうにも俺の奴だと一緒に行動させてしまう)
追記その三
まだまだ募集中です!ギルドとかでうちのギルドを使え!または使ってもいいぞこの野郎!見たいな方がいればどしどし書いちゃってください!ソロだった人も大歓迎です!そういう人がいても動かしやすいですから!
追記その四
どうでもいいんですけど、弐式と姫は本当はこっちで書く予定でした…でも書いてる途中で、「今までの俺のだとこの二人は別ギルド扱いだったし…いまさらいきなり同じってのもなあ…」と重い修正、多分ドラさんたちと一緒の紹介になると思います(この二人だけ夫婦補正がつく可能性もありますが)



              ~Flow Light~

「はあっ!」
「そら!」
ココはミンツの中にあるFlow Lightというギルドの寮にある道場である
現在彰は十拳を持参してココで打ち合いの練習をしている
現在の相手はウィニーグという黒髪短髪の青年である
「ちょ、タンマ!」
「そうだな…」
ちなみに少し前まではリボルバーという青髪の剣士と刃を交えていた
「やっぱ十拳クラスで打ち合いをやるならこっちのほうがいいな…」
「しかし、彰s、そういう武器も使えるんだな」
「十拳か…まあな」
「大刀にかわしながら戦うスタイル、戦士というより剣士に近いな」
リボルバーが指摘する
「…そうかもしれないな、まあ…俺は元々そういう武器使いだしな…」
「?なんか言った?彰」
と、おたまんが聞いてくる、彼女はこのギルド内で級長と呼ばれている魔昌霊術師である
「いや…」
なんでもないという風に頭を振る
「それじゃ、訓練はコレで終了か」
「そうだな…」
ウィニーグの質問に軽く頷いて答える
そして、そのまま彰はFlow Lightの寮で夕食を取っていた、その傍らにはセブンもいる
「しかし、セブンが七夜月に所属してからずいぶんと立つんだな…」
「そうですね…大体半年になりますか」
「しかし、相変わらずユニスーの飯は上手いな…うちのギルドにはここまでの腕のやつがいないからな…」
ユニスー、Flow Lightに所属する格闘家で、このギルドの調理主任でもある
「そう言ってもらえるのはうれしいんだが…格闘家としての俺の技量は無視か…?」
「まあ、ただ飯食ってくだけじゃないんだしいいでしょ」
「たまには手合わせするか?」
「やめておく、空想実戦のほうがまだましだよ、そう思いません?師匠」
空想実戦とは彰が考案した訓練法である、最も、彰ほどしっかり行えるものはいない
その概要は単純である、自身の目の前に仮想の敵を作り出し、ソレと戦うだけである…ただし、その敵の攻撃は実戦に近い動きを想定し、それを防ぐ、避ける、攻撃するなどの動作をより実戦形式で行うのだ
そこまでとなると当然、尋常ならざる集中力なしに行うことは出来ないが、その分実戦に近い体作りが可能となる
「何で私に振るのか解らないけど?」
「いや、なんとなく」
「まあ、いいけどね…」
師匠、アオナという魔昌霊術師である、相対的にみると七夜月よりもFlow Lightのほうが戦闘力の高いものは多い
だからこそ、彰もこうして頻繁に足を運んで修行をしているのである
「まあ、ユニスーはうちに来てもらったほうが効率はいいわな」
「そうだな…格闘家では雨龍ちゃんがいるからな」
「ちゃん付けは本人の前では避けたほうが無難だと思うぞ」
そう呟く彰
七夜月とFlow Lightの付き合いは非常に長い、だからこそ、彰もこういう会話ができるのだが
「それじゃ、俺たちはそろそろ寮に戻るわ、ソンじゃまた今度…」
「ああ…こんどは俺たちでそっち行くと思う」
ウィニーグがそういったので
「ああ、待ってるぜ」
とだけ答えギルドを後にする彰たちであった
スポンサーサイト

コメント

No title

(;゚д゚)あれ?いつのまにか出撃確定になってる…?

( ゚д゚ )

No title

む、何か問題があったか?
あるなら修正するが?まだ書き始めてないし

No title

彩のみんな来ない可能性のほうがたかいんだけd(ry

ちなみに彩は喫茶店「紫陽花」を運営してました(ぁ
とりあえず声はかけてみるかね・・・(こない可能性のほうが高いが・・・

No title

問題はないんですが、どんな設定で出されるのかwktkしてますよー

自分の名前出てる~

とりあえず色んな人を出すのは許可取ってからの方が
いいと思いますよ~

自分はおkです。

色々な細かい設定は任せます。
とりあえずは『友人探し』をしてる設定なんで
良ければ反映しといてくださいw

No title

自分は参加もちろんOKですよw
ただやっぱり他の人には連絡つく限り許可取ったほうがいいかも~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七夜彰

Author:七夜彰
構想だけが爆走し続ける気まぐれ小説書きのブログ
小説か日記、QMAネタを不定期に乗っけています
Twitter→nanaya_akira

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在時点での訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる