再燃したんでこっちを再会しますかね

初代うちきり小説の疾風の朱雀、なんか久しぶりに書いてみたらキャラが動く動く…ということで

連載再会!
を祝し、再び彼らに語っていただきましょう!

ちなみに、こいつの大本にある小説なんですが…実はエターナルラプソディという現在ネット上から消滅してしまったSSなんですよ
あれに影響を受けてますが、各人の能力が完全に違うなど、根本的には別物です


彰「というわけで皆さんお元気でしたか、こいつの小説毎回主役の彰です」
潤「アシの北川潤です」
久「同じくアシの久瀬だ」
佑「俺だけそのほか扱いの相沢祐一だ…こいつの小説だと俺の扱い酷くねえか?」
潤「ああ、作者はどうやら原作の主人公を主役並の活躍させるのがいやらしい」
恭「…どうも、相沢が暴走したせいで自己紹介が遅れた高町恭也です、で、こいつが」
久「く~ん」
恭「狐モードの久遠です、どうも俺と久遠は活躍するらしいので」
彰「というか、作者が唯一主役級の活躍させる主人公らしい」
佑「不公平だああああ!」
久「静かにしたまえ、というか、久遠がいると僕と判断がしづらいのでは?」
久遠「大丈夫、私だけ二文字表記だから」
佑「どわあ!?いきなり大人版になるな!」
彰「コレで驚くほうが未熟だというのだ、いい加減慣れろ」
久「…このままでは場が乱れるだけなので、北川君、僕たちで解説に行かないか」
潤「…ああ、そうだな」
久「とりあえず、連載を再会するという方向で次回作を持っていくことにしたらしいね、作者は」
潤「いや、なんとなく例の小説のデータを開いてみただけらしいぞ?読み返してて、書けなくなった所に来たらふとキャラが動き出したらしい」
久「そうらしいね…ちなみに、この作品では原作が原作名だけに人死にが少ない不殺の方向で書いてるが、やはり殺す予定の人間がいるそうだ」
潤「ま、すでに出てきたキャラらしいからカテゴリのKANON小説のバトルの奴を見直してみるといいかもしれないな」
彰「そういうことだな、祐一はしばらく黙っていてもらうことにした」
恭「…あれは放っておくと窒息するぞ」
彰「大丈夫だよ、シメが終われば解放してやる」
久遠「それじゃあ」
一同「続きが上がるのをお楽しみに!」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七夜彰

Author:七夜彰
構想だけが爆走し続ける気まぐれ小説書きのブログ
小説か日記、QMAネタを不定期に乗っけています
Twitter→nanaya_akira

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在時点での訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる