真・怪伝 最終章

え~と…まあ、最終章です
ちなみに、アフターも乗っけますよ?まだ書き終わってないから後日になりますけど

ちなみに、今回の大蛇は、回復や雑魚の生成に力を回していたので、攻撃能力は低くなってます

…あと、本当はもっとあっさり消える(インフェリアで消滅してしまい、その妖気がインフェリアに定着、妖怪とかが現れる世界になってしまったり…などということも考えていましたが…)予定だったのですが、なんかこういうキャラになりました…
俺の意思じゃありません、寝ぼけ眼をこすりながら書いてたときに大蛇が勝手に動いた結果です


では、最終章、どうぞ

続きを読む »

スポンサーサイト

真・怪伝 第五章

え~と…とりあえず、コレに出て来る神剣の特性でも…

アメノハバキリ…近作中最強の攻撃力を持つ神剣、所有者や周囲の妖力を切れ味に転化することのできる剣(相手が妖力の発生源といえるほど強大な妖力を生み出す大蛇相手ならば何よりも強力な剣となる)
神剣中一番のお喋り好きでもある
お願いだから、スレイヤーズのブラストソードって言わないで…
形状は必ず長刀か大剣となる

大蛇麁正…七支刀の形状を取る神剣、所有者の霊力によって枝の数が変わる、空間を歪曲させることができ、この剣の所有者に特有の奥義が、この空間歪曲を利用し、同時に複数の衝撃破を相手に叩き込む「天地開闢」である
実は、今の蛇麁正が始めて八岐大蛇と戦ったときは枝の数が今より二本ほど少なかったとか
かなり無口、必要なことは聞かれれば教えてくれるが、それ以上は決して話さない

布都御魂…番の刀、怪伝に出てきたアメノハバキリとは違い、別々に使用しても性能に変化はない、形状は通常の日本刀を取り、電撃の属性を持つ
姉は穏やかな性格だが、戦闘中は結構キャラが変わる
妹はかなり気性が激しい

十束剣…大剣の形状を取る剣、あらゆる結界や封印を断ち切ることが出来るため、今回は大蛇の封印をとくために使用された
こちらもかなり無口なお人だが、会話しようとすれば普通に成立するだけ蛇麁正よりもまし(蛇麁正は不要なときはどれだけ話しかけてもただの武器としての反応を取り続ける)

天叢雲…普通の日本刀の形状を取る、精神年齢は蛇麁正、天叢雲、十束剣というふうな順になる
使用者の内的な才能を呼び覚ます力がある
この人も結構無口、十束よりも言葉が少ないが、本来は結構話しやすい優しい人、大蛇を倒すという決意のため、あえて武器足らんとしている

草薙の剣…片手剣の形状を取る、霊体の歳が全神剣中最年少(ついでアメノハバキリだが、歳の差がかなりあいている)
外から所有者の身体能力を向上させる
所有者が無理に力を引き出そうとすると、草薙自体の意思とは関係なく、その所有者の精神を侵してしまう
一浄はまだその領域には至っておらず、この先使い続けないのならばそれほど酷い侵食は受けずに生きていけるはず


という感じになっております、ちなみに、皆様方人間の姿をとることができますが…実際に登場するのはアフターストーリーだけ…www
ちなみに、蛇麁正以外は女性で、彰曰く「美人度は天叢雲、布都御魂姉、十束剣、布都御魂妹、アメノハバキリ、草薙」という順らしい
蛇麁正はその正確に似合わず、かなりの美青年

それでは、オロチ戦前半、どうぞ
ちなみに、決着までは連投で乗っけます

続きを読む »

真・怪伝 第四章

え~と…タイトル変わりました

完全に喰われたなあ…TOEO
登場するメンバーがまんま怪伝とハルカナ…

すみません、かなり悪ノリしております
まあ、いいやwww

あと、ユウトとアセリアが神剣士扱いされてますが、本来この神剣士は八大神剣の使い手の事を指すものであり、この二人は正確には違いますww



続きを読む »

TOEOラスト小説 第三章

そろそろタイトル真・怪伝に変更しようか悩み始めてます
こっから先もうTOEOじゃねえ…
おっかしいなあ…初期構想だと確かに最後のほうがこれTOEOか?
な話になる予定ではあったけど…コレはもう完全に真・怪伝だ…

ちなみに、ここで彰がやっている大蛇の解説ですが、この小説における八岐大蛇であって、実際に日本の神話にある八岐大蛇とは違う存在です
今回もまた説明パート…
この小説における八岐大蛇というものについてです
ラスボスがコレというのは最初から考えていたことですが、もう少し出方とか違う予定でした…(彰との因縁はそのままなんですけどね…ここまで露骨に蛇麁正とか出てこなかった予定のはずが、少し参考に怪伝やったら…こうなりましたww)


続きを読む »

TOEOラスト小説 第二章

んじゃまあ、勢いで乗っけます、勢いで書いてます

ちなみに、今回のメンバーはかなり悪乗りしています
サクリファイスタウンだの、最終的には睡蓮だのとマニアックな作品のキャラも登場するくせに、台詞は一言二言あればいいほう…
あと、このカインたちは怪伝からそのまま登場しているので、世界が微妙にずれた話も普通にしています(まあ、彰のいた世界とカインたちがいた世界(怪伝の世界)はまた別の世界なのですが…)
ちなみに、本家怪伝のメンバーがTYPE-MOON作品以外全員登場
いや、月姫とかFateとか、空の境界が出ないのには少しわけがあるんですよ…
そこら辺はまた次回?
ちなみに、かなり省略して書いていたせいでTOEOじゃなくなってきてしまったかもしれない…(というか、俺の精神的な問題(TOEOのことだけを考えられなくなってきた)というのが最近ありまして(まあ、皆さんのキャラを微妙にどころかかなり忘れ始めたせいもあり…)やってる事はゲーム怪伝、世界はインフェリアって言う話になります)
ちなみに、この作品は大部分が月魅傍というサークルの作品で構成されています(怪伝とハルカカナタという二作品ですが…)
興味がある方はアクセスしてみてください、自分の小説などよりはるかにすばらしい作品を生み出していましたが…
あと実は怪伝は体験版がまだ入手可能です(ゲーム版も一部同人販売にて在庫があるようです)こちらから
現在はハルカナのストーリーを小説風に公開しています
あと、この蛇麁正、初恋の相手が彰(現在進行形)とか…
彰自身も嫌いではないため、実はこの小説における正ヒロインのはずだが、影が薄い
後、コレとこの後の章は説明がほとんどなんで、「」なしで俺で言っている場合は彰の台詞です


なんか微妙なこと書いてますが、一種の病気発動中のせいだと思ってくださいwww

では、真・怪伝、第二章、どうぞwwwww
正式なタイトルはTOEOオリジナルストーリーズ…のはずなんだけどねえ…



続きを読む »

TOEOラスト小説 第一章

…なんでだろう、第一章までは普通に(いろいろ設定が違うけど)TOEOなのに、第二章から以前書いたオリジナルストーリー(怪伝)に…?
なんていうか、間の話を全て吹っ飛ばして書いてしまったせいか、かなりの急展開に…(いろいろあってTOEOだけの話がかけなくなってきたせいもあるのだが…)


まあいいや、とりあえず、TOEOオンラインストーリー(裏のタイトルは、『真・怪伝』とでもしておくかwwwww)第一章、乗っけますか

第二章以降の設定は本当は後二、三話後に明かされる予定だったものwww




続きを読む »

あなたは誰派?バトン

回されてもいないのに勝手に拾ってきたwww
どうやら、その作品で好きなキャラを挙げろというものらしい
ルール、作品を追加する



あと、近いうちにTOEOのラスト小説乗っけます




続きを読む »

シメのところで拾った

まあ、言葉どうりだ…ブログ閉鎖のほうまでやると三つ連続なんで飽きる


続きを読む »

普通免許取得

AT限定の普通免許を取得しました
以上

むぅ…

とりあえず、免許合宿は卒業しました
近いうちに本免試験受けに行きます

それとは別に


続きを読む »

警視庁特別制圧班

俺の小説で登場する特殊組織の一つ

設定上は日本版香港警防(とらハやってないとわかりませんね)
ですが、解らない人も多いだろうし、実質香港警防ともまた性質が違うので詳細書いとこうかと

続きを読む »

プロフィール

七夜彰

Author:七夜彰
構想だけが爆走し続ける気まぐれ小説書きのブログ
小説か日記、QMAネタを不定期に乗っけています
Twitter→nanaya_akira

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在時点での訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる